[ツールボックスをカスタマイズ]ダイアログボックス

[オプション]→[作業環境]→[ツールボックス]と選択します。

このダイアログボックスにアクセスする別の方法として、ツールボックス内を右クリックしてコンテキストメニューを開き、ツールボックスのカスタマイズページのアイコンをクリックします。

.//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/ToolboxContext.png

必要に応じて分割バーを移動させ、ダイアログボックスのフィールドの幅を変更します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/ToolboxWE.png 

[使用可能なツール]ウィンドウに全てのARCHICADツールがリストされます。

[ツールボックスグループ]ウィンドウには、既存のツールグループがリスト表示されます。

ツールグループの順序を変更するには、それぞれのグループの左側にある上向き矢印/下向き矢印をクリックしてドラッグします。

押しピンアイコンをクリックすると、選択したツールボックスグループを開いたままにするか(縦の押しピン)、スペースに合わせて開いたり閉じたりするか(横の押しピン)を定義できます。

矢印アイコンとABCアイコンを切り替えると、選択したツールボックスグループをアイコンのみで表示するか(矢印アイコン)、名前とアイコンの両方で表示するか(ABCアイコン)を定義できます。

[選択したグループのツール]ウィンドウには、現在選択しているグループに含まれているツールがリストされます。

選択したツールグループにツールを追加するには、[使用可能なツール]リストから追加するツールを選択し、下部にある[選択内容を追加]ボタンをクリックするか、または単に右側にドラッグします。同じツールを複数のツールグループに配置することができます。

[削除]ボタンを使用すると、選択したツールグループからツールが削除されます。

ツールボックス内のツールグループを開閉する方法

デフォルトでは、ツールボックスには、全てのツールグループ内の全てのツールが同時に表示されます。ツールボックスが大きくなりすぎた場合は、必要に応じて各ツールグループの一番上にある開く/閉じる矢印を使用して、グループを開閉してください。

開く/閉じる矢印が表示されていない場合は、ツールグループオプションで[常に開く]コントロールを無効にします。

下の「ツールグループオプション」を参照してください。

ツールグループオプション

[新規グループ]:このコマンドを使用して、新しいツールグループを作成します。

[名前を変更]または[グループを削除]:このコマンドは、選択したツールグループに適用されます。

[常にグループを開く]:このオプションでは、選択したツールグループが画面上に開いたままとなり、[開く/閉じる]矢印はそのツールグループのパネル上で使用できません。

ツールボックス内の各ツールグループを個別に開閉できるようにするには、[常にグループを開く]オプションを無効にします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/ToolGroupsOpen.png 

[アイコンとツール名を表示]または[アイコンのみ表示]:このオプションでは、選択したツールグループのツールの表示方法を指定できます。

選択したツールボックスに加えた変更内容は、[OK]を押してダイアログボックスを閉じると反映されます。ツールボックスパネルの現在の「開く/閉じる」ステータスは、ツール設定の一部として、このダイアログボックスでカスタマイズされた他の全ての設定と共に保存されます。

注記:ワークスペース設定で保存したツールボックスのサイズが、開いた状態で保存した全てのツールボックスパネルを収容するのに十分な大きさがないことがあります。このような場合は、ツールボックスの1つまたは複数のパネルが閉じた状態で表示されます。