[ツールバーのカスタマイズ]ダイアログボックス

[オプション]→[作業環境]→[ツールバー]と選択すると、このダイアログボックスが開きます。

あるいは、任意の情報ボックスのコンテキストメニューを開いて、[ツールバー]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/DefaultToolbars.png 

ツールバーの新規作成

新しいツールバーを作成するには、[ツールバーオプション]ポップアップメニューの[新規ツールバー]コマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/ToolbarOptions.png 

コマンドのアイコンおよび/または名前を表示

ツールバーオプションから、選択したツールバーの表示モードを設定します。ツールバーの全てのコマンドに対して、そのアイコンか名前、またはその両方を表示できます。[アイコンと名前を選択して表示]も選択できます。

注記:[アイコンと名前を選択して表示]とは、全てのコマンドにアイコンが表示されるが、名前は[詳細オプション]パネルで設定した内容に沿って、選択した場合のみ表示されるということです。

下の「[詳細オプション]パネル」を参照してください。

コマンドまたはメニューをツールバーに追加

ツールバーをカスタマイズするには、ダイアログボックスの右上にあるポップアップリストからツールバーを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/BuildEditToolbar.png 

ダイアログボックスの左側(アプリケーションコマンドとメニュー)には、ARCHICADの全てのコマンドとメニューがリスト表示されます。リストは、[現在のメニュー構造]、[テーマ別の全てのコマンド]、[アルファベット順の全てのコマンド]、[アルファベット順の全てのメニュー]、[全ての新規コマンドをアルファベット順]の5つの形式のいずれかで表示できます。

リストの最後の項目は区切りバーです。

コマンドまたはメニューを目的のツールバーに追加するには、リストウィンドウからそれらを選択し(複数選択が可能)、下部にある[選択内容を追加]をクリックするか、または単に選択したコマンドを右側にドラッグします。同じコマンドまたはメニューを複数のツールバーに配置できます。

例えば、3D操作補助メニューを事前に定義した[3D]ツールバーに追加もできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/CustomizeToolbar.png 

ツールバーにメニューを配置すると、特別なアイコンで示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/MenuMenuicon.png 

これをクリックすると(またはメニュー名をダブルクリックすると)、必要に応じて、そのメニューオプションの内容(コマンド)を変更できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/CustomizeToolbar2.png 

[オプション]ボタンは、適宜、ツールバーオプションに代わって[メニューオプション]に変更されます。

[削除]ボタンをクリックすると、選択したツールバーからコマンドやメニューが削除されます(ツールバー項目のリストからメニューを削除しても、そのメニューが削除されることはありません)。

ツールバー項目の順番を変更

ツールバーの項目(分離線を含む)の順番を変更するには、各コマンドの左側にある上下の矢印を使用します。

[詳細オプション]パネル

このパネルの設定は選択したコマンドにそれぞれ適用されます。

[選択]オプションの場合のコマンド名を表示:このチェックボックスは、[ツールバー]オプションの[アイコンと名前を選択して表示]を選択した場合にのみ表示されます。この場合、アイコンと名前を両方表示するコマンドをリストから選択してから、このチェックボックスをチェックします。

このボックスにチェックをしないコマンドは全て、アイコンのみが表示されます。

[スティッキーポップアップメニュー]:このオプションは、メニューをツールバーの項目として配置してから選択した場合のみ使用可能になります。このボックスをチェックすると、選択したポップアップメニューとの前の項目がツールバーで関連付けられます。結果:スティッキーメニューが黒いポップアップ矢印としてツールバーに表示されます。

例えば、標準ツールバーの[座標情報]コマンドには、黒いポップアップ矢印で表される連動(スティッキー)ポップアップメニューが含まれています。このポップアップメニューからは、座標情報関連のコマンドを表示できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/StickyTracker.png