マスタレイアウトの設定

詳細は、「マスタレイアウト」を参照してください。

以下のいずれかの方法で、[マスタレイアウトの設定]ダイアログボックスを開きます。

ナビゲータ内のマスタレイアウトをマウスの右ボタンでクリックすると開くコンテキストメニュー

[ナビゲータ]のマスタレイアウトを選択すると開くナビゲータレイアウトブックの[マスタレイアウト設定]ボタン

[ドキュメント]→[レイアウトブック]→[マスタレイアウト設定]コマンド

名前とサイズ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/MLSDisplay.png 

注記:マスタレイアウトに定義されている長さの単位は、レイアウト単位です([オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]で定義)。

[名前]:テキストフィールドにマスタレイアウトの名前を入力します。

[サイズ]:ドロップダウンリストにリストされた標準の用紙サイズまたはカスタムオプションを使用して、マスタレイアウトのサイズを定義します。下の2つのフィールドに、レイアウトの水平および垂直寸法のフィードバックが表示されます。

[余白]:テキストフィールドにマスタレイアウトの上下左右の 余白の値を入力します。

マスタレイアウトの方向として、[縦]または[横]を選択します。

[印刷範囲]:この領域には、サイズと余白を考慮したマスタレイアウトの印刷範囲に関するフィードバックが表示されます。

[配置基準点]:9つの点の1つをクリックして、マスタレイアウトの配置基準点として使用します。

[マスタレイアウトを表示]:

他のレイアウト項目を基準にしてマスタレイアウト項目を表示するためのオプションを選択します。

[レイアウトの上]:マスタレイアウト項目がレイアウトの上部に配置されます(そのため、レイアウトの内容の一部が隠れることがあります)。

[レイアウトの下]:マスタレイアウト項目がレイアウトの後ろに表示されます。マスタレイアウト項目の一部が、レイアウトの内容で隠されることがあります。

図面配置

レイアウトに複数の図面を配置するための2つのロジックのうちの1つを選択します。

注記:デフォルトのロジックは[自動配列]です。レイアウトに1つの図面だけを配置する場合、その図面はレイアウトの中央に配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/DrawingPlacement.png 

新規図面を自動配列

このオプションを選択した場合は、[自動配列設定]をクリックして図面配置の設定を確認します。

[方向]:水平または垂直を選択して、この後にレイアウト上に配置する図面の方向を決めます。

[余白からの距離]:レイアウトの上下左右の4辺のそれぞれに、余白のスペースを定義します。

[順序]:複数の図面を1度に配置する場合、順序の設定によって図面をレイアウトに表示する順序が決まります。

[名前/ID]:名前のアルファベット順。同じ名前の場合は、ID順(数値またはアルファベット)に配置されます。

[ID/名前]:ID順。同じIDの場合は、名前順(アルファベット順)に配置されます。

[ナビゲータ位置]:図面は、ナビゲータのビュー一覧にリストされた順序(上から下)に配置されます(平面図は除きます。平面図は、ビュー一覧の順序に従って下から上へ、フロア1、2、3のように配置されます)。

[グループ間に改行を挿入]:「シーケンス」は上の[順序]オプションでの選択によって異なります。名前/ID(またはID/名前)による順序の場合にこのボックスをチェックすると、名前(またはID)が変わるたびに新規の行/列が始まります。ナビゲータ位置による順序の場合は、ナビゲータのビュー一覧の新規フォルダごとに新規の行/列が始まります。例えば、[詳細図]フォルダの図面がある行に配置され、[断面]フォルダの図面がその次の行に配置される、というようになります。

[図面間隔]:配置された図面の行と列の間の間隔の長さを定義します(ここでの長さの単位は、[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]で定義したレイアウト単位です)。

[レイアウトが埋まったら新規作成]:このボックスをチェックすると、現在のレイアウトが埋まると新規レイアウトが作成されます。

図面をグリッドに調整して割り当て

このオプションを選択した場合は、[グリッド設定]をクリックしてグリッド設定オプションを表示させます。

[ID方式]:ラジオボタンの1つをクリックして、グリッドセルごとのIDの割り当て方法を選択します。

[配列]:[配列]オプションでは、各セルに列番号と行番号に対応する座標を割り当てます。

[数列]:[数列]オプションでは、各セルがグリッド角から順番にIDを割り当てます。

[セルの数]:テキストフィールドと矢印制御を使用して、グリッドの列数と行数を選択します。

[配列]か[数列]のID割り当て方法を選択したかにより、後でどのような制御を行うかが分かれます。

配列を使用する場合:

[方向とスタイル]:左に表示されている制御グループで、グリッド列の番号付けを行います。

矢印をクリックして、IDをグリッド列に右から左の順に割り当てるのか、その逆にするかを定義します。

一覧から列のIDスタイルを選択します。

右に表示されている制御グループで、行のIDを割り当てます。

矢印をクリックしてIDを行に下から上の順番で割り当てるのか、その逆にするのかを定義します。

一覧から行のIDスタイルを選択します。

[図面ID形式]:セルIDは、それぞれの行番号と列番号から構成されています。2つのラジオボタンのいずれかをクリックし、図面番号に行番号と列番号のどちらを先に表示するかを定義してください。

[行/列]、または

[列/行]

[フラット]を使用する場合:

[開始文字]:ポップアップメニューを使用して、どちらのグリッド角からセルのID割り当てを開始するかを選択します。

[スタイル]:ポップアップメニューからIDスタイルを選択します。

[番号付け方向]:2つのラジオボタンのいずれかをクリックして、[開始文字]オプションで指定した角からセルにIDを割り当てる方向([水平]または[垂直])を選択します。

パネルの他のコントロールを使用して、ID方式にかかわらず、グリッドに適用される一般の設定を行います。

[余白からの距離]:4つのテキストフィールドに数値を入力し、上下左右の用紙余白からグリッドまでの距離を規定します。

[グリッド線種]:線種とペンカラーポップアップを使用してグリッド線の線種とペンカラー(もしくはペン番号を入力)を定義します。

[グリッド線表示]:レイアウトでグリッド線をどのように表示するかのオプションを次から選択します。

全てを表示

全てを隠す

[図面と交差しているもの全てを隠す]:図面が1つ以上のセルにわたる場合には、図面がグリッド線と交差してしまいます。このオプションをチェックすると、このようなグリッド線は表示されません。

注記:このグリッド線表示設定は印刷出力にも影響します。

[複数のセルを占有している図面のID方法]:図面の中には1つ以上のセルにわたるものがある場合があります。そのような場合には、ポップアップメニューを使用して、どのセルIDをその図面IDとして割り当てるかを定義してください(図面IDとする図面の4つの角のセルの1つを選択します)。

[プレビュー]:右下のプレビュー画像により、番号付けグリッドの設定が最終的にどのように行われたかを確認できます。

[新規レイアウトのデフォルトとして設定]:このマスタレイアウトを新規レイアウトのデフォルトのマスタレイアウトとして使用したい場合に、ここをチェックします。