座標ボックスパレット

注記: 座標ボックスパレットはデフォルトでは表示されません。表示するには、[ウィンドウ]→[パレット]メニューから選択します。

このコンテキストメニューを使用して、このパレットを水平/垂直または拡大/縮小化形式で表示します。

座標ボックスには、左から右に次のコントロールが並んでいます。

[ユーザー原点]: ゼロポイントをユーザーが定義した位置にリセットします。このボタンをクリックし、平面図の任意の場所に原点を配置します。

注記:原点をプロジェクト原点に戻すには、[ユーザー原点]ボタンをダブルクリックします。

詳細は、「原点」を参照してください。

[傾斜グリッドを設定]:[傾斜グリッド]ボタンをクリックし、平面図にベクトルを描画して傾斜グリッドの角度を指定します。注記:「通常の」グリッドに戻すには、[グリッド切り替え]ボタンを使用します。

[直交グリッド/傾斜グリッドを切り替え]:[傾斜グリッド]オプションを選択して傾斜したグリッドに切り替えるか、[直交グリッド]オプションを選択して水平/垂直グリッドに切り替えます。

[グリッドスナップ]:次の3つのオプションから1つを選択し、グリッドスナップを制御します。

グリッドスナップなし

スナップグリッドにスナップ

組み立てグリッドにスナップ

詳細は、「グリッドにスナップ」を参照してください。

[絶対/相対]:デルタボタンをオンに切り替えて、相対的なX座標およびY座標(デカルト座標)と半径/角度座標(極座標)を表示し、入力します。

絶対座標値は、編集原点からではなく、プロジェクト原点、またはユーザー原点からのカーソルの水平、垂直、半径および角度距離を示します。

相対座標値は、作図前にはプロジェクト原点、またはユーザー原点から、作図または編集中には編集原点からのカーソルの水平、垂直、半径および角度位置を示します。

一般的には、絶対デカルト座標と相対極座標を表示すると、最も多くの情報が得られ、通常の作業状況では最も便利です。

[吸引]:選択すると、スラブ、メッシュ、シェルおよび屋根の上に要素を配置します(オプション)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Gravity.png 

吸引」を参照してください。

[高さ]:座標ボックスの「z」フィールドは、要素を配置する高度を表示します。ポップアップで、この値の測定開始点となる基準レベルを定義することができます。定義できるのは、GL、配置フロア(3Dの場合はユーザー原点)、または[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義したオプション基準レベルのいずれかです。

基準レベル」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/ZElevation.png