テキストパレットおよびテキストエディタ

テキストエディタおよびテキストパレットは、(テキストツールが有効な状態で)平面図上をクリックし、テキストボックスに入力を開始するとすぐ表示されます。

テキストブロックに入力された個々の文字、行、およびパラグラフの書式設定、または入力中のスタイルの切り替えを行います。

テキストパレットおよびテキストエディタの制御は、テキストエディタで入力中のテキストまたはテキストエディタ内の選択内容のみに適用されます。

テキストパレットの位置は、[オプション]→[作業環境]→[ダイアログボックスとパレット]の[テキストパレットの位置]コントロールを使用してカスタマイズできます。

この情報ボックスは、テキストエディタではグレーになっています。

テキストパレット

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Formatting_Palette.png 

テキストパレットは、次の場合に表示されます。

テキストエディタに文字を入力する場合

クイック選択モードで矢印ツールを使用して既存のテキストブロックの内側をダブルクリックした場合

テキストツールが有効な状態で既存のテキストブロックを選択し、テキストの内側をクリックした場合

テキストパレットを使用すると、テキストエディタで選択した文字または段落に書式を適用したり、テキストシンボルを挿入したりできます。

テキストブロックの異なる部分を選択して形式を設定すると、1つのテキストブロックに複数の書式を設定できます。

注記: 選択したテキストに複数の書式が含まれる場合、テキストパレットの設定には、選択範囲の最初の文字の書式が反映されます。

[お気に入りを選択]:このポップアップには、お気に入りとして保存したテキスト設定のリストとデフォルト設定が含まれています。お気に入りテキスト設定を保存していない場合、このボタンはグレーになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Formatting_Palette1.png 

お気に入りとして保存されたテキスト設定を適用するには、テキストエディタ内のテキストを選択し、ポップアップリストから保存されているお気に入りをクリックします。

注記: テキストエディタの選択したテキストに適用できるのは、お気に入りのテキスト固有設定だけです。

お気に入りの設定をテキストブロック全体に適用するには、[テキストツール]設定の上部にある[お気に入り]ボタンを使用します。

注記:テキストツールのお気に入りは、寸法とラベルのテキストタイプの項目および塗りつぶしテキストに適用できます。

詳細は、「お気に入り」を参照してください。

[自動テキストを挿入]:このコントロールを使用すると、使用可能な自動テキストカテゴリおよび項目を選択できるダイアログボックスを開くことができます。プレビュー領域は、選択した自動テキストを表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Formatting_Palette2.png 

自動テキスト」も参照してください。

[シンボルを挿入]:このボタンをクリックすると、文字マップ(Macでは文字   パレット)を開いて、シンボルを選択および挿入できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Formatting_Palette3.png 

[整列]ボタン:(左揃え、中央揃え、右揃え、両端揃え):テキストブロック内の選択した段落を特定の配置に設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Alignments.png 

[行間隔]:このコントロールを使用すると、テキストブロック内にある選択した行の行間隔値を(パーセント単位で)変更できます。数字を入力するか、25パーセント刻みで値を変更する矢印を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Leading.png 

注記: Windowsでは、100パーセント未満の行間隔値を入力した場合、テキストエディタ内のテキストには設定が正確には反映されません(行間隔を100パーセントに設定しているように表示されます)。ただし、画面上ではテキストは正しく表示されます。

上付き文字/下付き文字/取り消し線:上付き文字または下付き文字をクリックすると、入力したテキストがテキスト線より上がるか下がります。取り消し線は、テキストに線を引きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Superscript.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Formatting_Palette4.png

[選択したテキストのテキスト形式]:テキストブロック内で選択した文字または段落のフォント、フォントサイズ、文字スタイルまたは色を設定します。

注記:[モデルの自動ペンカラー表示調整]機能([オプション]→[作業環境]→[画面オプション])を使用すると、テキストエディタのテキストにはこの(変更された)色が適用されます。

詳細は、「オプション追加」を参照してください。

テキストエディタ

テキストエディタは(テキストパレットと共に)、テキストツールを有効にしてテキストブロックをプロジェクトに配置するたびに表示されます。点滅するカーソルはテキストエディタ内の現在位置を示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/TextEditor.png 

テキストエディタの背景カラーは、テキストブロックの背景と同じ色です。

インデントとタブの設定

「テキストの折り返し」テキストブロックを新規に作成すると、テキストエディタのルーラーにインデントが表示されます。

左側には、最初の行のインデントマーカー(上部)と左端のインデントマーカー(下部)が表示されます。

右側には、テキストブロックの幅を示すインデントが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/Indents.png 

このインデントの位置を調整するには、インデントをクリックして目的の場所まで移動します。

ルーラーをクリックして、タブを新規に設定します。必要に応じて、タブを新しい位置に移動します。タブを削除するには、タブをクリックして完全にルーラーの外に移動します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/MovingTabs.png 

または、[インデントとタブ]コマンドを使用できます。

1.インデントまたはタブを設定または編集する段落内をクリックします。

2.テキストエディタのルーラーバーを右クリックして開くコンテキストメニューから、[インデントとタブ]コマンドを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/IndentsContext.png 

テキストブロックの最初の行、左側および右側のインデントを入力できる[インデントとタブ]ダイアログボックスが表示されます。新しいタブを設定できます。[新規]ボタンをクリックして、目的の値を入力してください。タブを変更するには、既存の値を選択して、[タブ]フィールドに新しい値を入力します。

注記:[オプション]→[環境設定]→[作業単位]で設定された単位に応じて、センチメートル(cm)、またはインチ(in)で値を設定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/120-userinterfacecontrols/IndentsTabs.png