カメラ

平面図に任意の数のカメラを配置して、静止画像またはアニメーション(フライスルー)形式のパースビューを生成できます。

パースカメラを使用すると、3Dウィンドウにプロジェクトの全体または選択した部分を表示して編集することができ、プロジェクトの現在の状態のスナップショットを表すレンダリングを作成できます。パースカメラは、視点、目標点、開き角度によって定義されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/090-visualization/PerspCameras.png 

平面図では、全てのカメラには、目標点、パス、カメラを操作するために使用するハンドルが表示されます。カメラは、一度に 1 台だけが有効になり、そのカメラには太陽光とビュー角度のマーカーが表示されます。

カメラツールをダブルクリックすると、[カメラツール設定]が開きます。

詳細は、「カメラツールの設定」を参照してください。

カメラパスオプション

パースカメラの[表示オプション]は、[カメラの設定]から使用できる[パスオプション]ダイアログボックスのポップアップメニューで設定できます。カメラを完全に隠したり、パスラインや中間フレームを付けてカメラを表示したりできます。

パスオプション」を参照してください。

3Dウィンドウが有効な場合は、[ナビゲータ]パレットと[ナビゲータプレビュー]パレットを使用してカメラを修正できます([ナビゲータ]のリストから目的のカメラをクリックして、[ナビゲータプレビュー]で修正します)。配置したカメラの設定も修正できます。これには、ナビゲーションコマンドで3Dビューを変更し、次に[3D操作補助]コマンドを使用して、配置したカメラを新しい視点に合わせて調整します。

詳細は、「3D操作補助」を参照してください。

[カメラの設定]のダイアログボックスでの設定が終わると、平面図にカメラを配置できます。

平面図で最初にクリックした位置に、カメラの位置が定義されます。ラバーバンドを描いて、視点方向を設定してから、もう一度クリックして、目標点の水平位置を定義します。操作が完了すると、デフォルトの設定で太陽アイコンが表示されます。

3Dモデルに対して定義された、カメラで定義されたビューを適用するには、カメラを選択して3Dウィンドウを有効にします。これを実行すると、カメラで定義されたパースのパラメータが、[3D投影の設定]ダイアログボックス、[ナビゲータ]パレット、および[ナビゲータプレビュー]パレットにコピーされます。