トラスの編集

平面図に描かれた骨組みは、作成し配置した後はトラスに関連付けられていません(新規のトラスを作成するために使用できます)。この輪郭を修正しても、配置したトラスには反映されません。

TrussMakerには、配置済みのトラスを編集する別の方法があります。

トラスを選択して、[TrussMaker]メニュー([デザイン]→[デザイン補助])の[トラスを編集]コマンドまたは[TrussMaker]パレットを選択します。

新規の断面ウィンドウを作成するように求める警告が表示されます。断面/立面/展開ツールを使って単純な断面線を描き、新規の断面/面/展開ウィンドウを開いて、[TrussMaker]メニューの[編集を続行]かパレットを選択します。元の骨組みがウィンドウに表示され、それを編集できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/continueediting.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TMEditSection.png

変更が終了したら、再度[トラスを作成]コマンドを選択します。

[TrussMakerの設定]ダイアログボックスが、前と同じオプション付きで表示されます。[保存]ボタンの他に、[名前を付けて保存]ボタンが表示される点だけが異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/saveas.png 

[保存]をクリックすると、TrussMakerは既存の名前でライブラリ部品を保存しようとしていることを知らせる警告が表示されます。[上書き]をクリックすると前のトラスが置換され、[キャンセル]をクリックするとプロセス全体が中止されます。

[名前を付けて保存]をクリックすると、新規トラスオブジェクトが作成されます。TrussMakerから、このオブジェクトに名前を付けるように求められます。