プロパティマネージャー

プロパティマネージャー([オプション]→[プロパティマネージャー])を使用して、このプロジェクトのプロパティセットを作成および管理し、各種要素分類の使用可能なプロパティをカスタマイズできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PropertyManager.png 

[分類マネージャー]ダイアログボックスからもプロパティマネージャーを開くことができます。

プロパティリストを検索

プロパティマネージャーの左側に、プロジェクトで使用可能な全てのプロパティが一覧表示されます。

[検索]アイコンをクリックして、検索フィールドにテキストを入力します。検索用語を含む全てのプロパティとグループ名が表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SearchFilterProperties.png 

再度プロパティの全リストを表示するには、検索フィールドのテキストを削除するか、ツリー階層アイコンをクリックします。

新規プロパティまたはグループの作成

1.[オプション]→[プロパティマネージャー]または[分類マネージャー]から、[プロパティマネージャー]ダイアログボックスを開きます。

2.以下のいずれかを実行します。

プロパティリスト内をクリックして、コンテキストメニューを使用します。

ダイアログボックスの下部にある[新規]ボタンをクリックします。

グループ名の右にあるプラス符号をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NewPropContext.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NewProperty2.png

3.[プロパティ/グループを追加]ダイアログボックス:[プロパティ]または[グループ]のラジオボタンを選択し、その名前を入力します。

プロパティ名には、そのグループ内で一意の名前を使用してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NewProperty.png 

4.[グループに追加]:新規プロパティの場合は、それを配置するグループを選択します。

5.[OK]をクリックします。

プロパティを複製

プロパティを選択します。

コンテキストメニューまたは[新規作成]ボタンのドロップダウンリストから、[複製]をクリックしてリストにプロパティの複製を追加します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DuplicateProperty.png 

プロパティの説明

必要に応じて、この要素プロパティに値を割り当てるときに参照できるように、ここに詳細情報を入力します。例えば、形式や測定単位(耐火性等級プロパティの「分」、熱貫流率の「W/m2K」など)を入力します。

要素設定では、プロパティ名の上にカーソルを置くと、この説明が表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PropDescription.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SetTherrmal.png

データタイプ

プロパティのデータタイプにより、割り当てることができる値の形式が決まります。

1.プロパティマネージャーの左側でプロパティを選択します(熱貫流率など)。

2.プロパティマネージャーの右側でデータタイプを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PropertyType.png 

プロパティのデータタイプは、数式ベースのプロパティを定義するときに数式の構文に関連します。

[文字列]:任意のテキストまたは単位のない数値を使用できます(例:「製造業者」プロパティ)。

[数値]:小数点で表される任意の単位のない数値を使用できます(例:「購入価格」プロパティ)。表示される小数点以下の桁数は、[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業/単位]で設定した[単位を含まない数値]に応じて異なります。

[整数]:整数(例:「音響透過クラス」プロパティ)

単位値のデータ

次の4つのデータタイプは単位値です。

面積

長さ

角度

体積

 

[タグリスト]:1つのタグまたは一連のタグ(例:建築A、フロア2、共有、簡易台所)

このデータタイプは、数式ベースのプロパティには使用できません。ただし、タグリストタイプのプロパティを数式内で使用できます。

[オプションセット]:固定のオプションセット(例:「耐火性等級」プロパティ)

このデータタイプは、数式ベースのプロパティには使用できません。ただし、タグリストタイプのプロパティを数式内で使用できます。

詳細は、「オプション設定」を参照してください。

[True/False]:(例:「可燃性」プロパティ)

デフォルト値および数式定義値の設定については、以下を参照してください。

要素プロパティのデフォルト値

数式定義プロパティ

オプション設定

このボタンは、データタイプが[オプションセット]の場合のみ有効になります。

数式定義プロパティ値には使用できません。

クリックして[オプション設定]ダイアログボックスを開きます。

オプション設定を使用すると、特定の要素に対してこのプロパティを定義するときにユーザーが選択できる特定の値のセットを一覧表示できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OptionsSetup.png 

[追加]をクリックして、新規オプションを追加します([新規オプション]行に値を入力)。

オプションを削除するには、それを選択して[削除]をクリックします。

[複数選択を許可]をオンにすると、(プロパティマネージャー、要素設定、または情報ボックスで)このプロパティに複数の値を選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MultiChoice.png    //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MultiChoicePropMgr.png

デフォルト値:オプションセットの複数選択(プロパティマネージャーで定義)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ZoneCustom.png 

要素設定でのプロパティ値の複数選択