階段設定:ルールと基準

階段に関する地域の法規制に適合する必要がある場合など、必要に応じて、主要な階段設定ページのこのパネルを使用して、階段形状変数の値の範囲を設定します。

階段入力時には、ここで定義したルールと基準に適合するように階段が自動的に調整されて作成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RulesStandards.png 

踏面と蹴上

これらの値によって、[形状と位置]パネルの入力値の範囲が定義されるため、例えば、[ルールと基準]で定義した最小値を下回るような[蹴上高さ]値を入力することはできません。

[ルールと基準]で設定した値が、グラフィカルに入力した階段または設定ダイアログから入力した階段の形状と競合する場合、変更の選択肢が自動的に表示されるため、そこから選択できます。

自動「ソルバー」オプションによる形状競合の解決」を参照してください。

動線計算とシンボル

ここで定義する[動線のオフセット範囲]により、計算上の動線のオフセットを定義するときに入力可能な値が制限されます。

ターンでの動線のオフセット(均等踏面のワインダー)」を参照してください。

天井高

3Dおよび断面/立面図で天井高シンボルを表示するときのルール(最小高さ、階段の辺からのオフセット)を設定します。垂直方向の高さまたは動線から垂直方向の高さを定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HeadroomSection.png 

天井高の表示/非表示を切り替えるには、モデル表示オプションを使用します。

階段のモデル表示オプション」を参照してください。

干渉検出を実行して、天井高の干渉を検出できます。

干渉検出」を参照してください。

プロジェクトテンプレートにルールと基準を保存する

ルールと基準の各設定は、ARCHICADテンプレートファイルに含まれます。したがって、テンプレートを使用して、会社固有/地域固有の設定をどのプロジェクトでも再利用することができます。

階段のルールと基準:プロジェクト設定

[オプション]→[環境設定]→[階段のルールと基準]の可視度(表示/非表示)アイコンを使用して、プロジェクトの特定のルールの表示/非表示を切り替えることができます。

非表示に設定した項目(環境設定内)は、そのルールを使用していない場合、階段設定の[ルールと基準]パネルには表示されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/StairRulesPrefs.png 

[プロジェクト設定]で階段のルール名を非表示にしても、そのルールが階段設定の[ルールと基準]パネルに表示される場合、以下の理由が考えられます。

そのルールに値が割り当てられている(これを解決するには、階段設定のそのルールの最小値/最大値をオフにします)

そのルールがプロジェクトの既存の階段で使用されている