階段と手摺りのカスタムサブ要素

階段と手摺りには、GDLサブ要素が含まれます。デフォルトでは、要素および構成要素の設定ダイアログから、事前定義済みの多数のサブ要素を使用できます。独自のビルディングマテリアルやカスタム断面形状を使用して、このようなGDLサブ要素を設定できます。

独自のサブ要素を作成する場合は、ARCHICAD要素をカスタマイズして、専用のライブラリ部品として保存します。

この機能の詳細については、「カスタムライブラリ部品および構成要素の作成」を参照してください。

階段と手摺りでは、この機能を使用して、カスタム踏面/蹴上(階段)およびカスタムパネル/支柱(手摺り)を作成できます。

以下に例を示します。

階段のカスタム踏面を作成する

1.階段を選択して編集モードを開始します。

2.踏面を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomTread1.png 

3.コンテキストメニューから[選択内容をモルフに変換]を使用します。これで、選択したサブ要素がモルフになり、階段から分離されます。

注記:任意のモルフ要素から開始することも可能です(この場合、最初に既存の踏面をモルフに変換する必要はありません)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomTreadConver.png 

4.編集モードを終了します。

5.必要に応じてモルフを編集します。この例では、[突起]コマンドを使用して、両側に小さなくぼみを作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomTread2.png 

6.モルフを選択した状態で、[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[選択内容に名前を付けて保存]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomTread3.png 

7.事前定義済みのサブタイプとして[階段 踏面]を選択し、埋め込みライブラリに保存します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomTread4.png 

8.階段の場合と同様に、参照フィードバックが表示されるため、これを利用して新規の踏面オブジェクトを調整できます。

1回目のクリックで、踏面の上部の辺の中点を定義します。

2回目の辺のクリックで、その水平位置を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TreadGhost2.png 

踏面の中点、辺の順番にクリックして位置を定義します

9.階段を選択して踏面の設定を開きます。

10.ダイアログにカスタム踏面が表示されます。これは、モルフに変換した踏面が欠落したためです。これを解決するには、[カスタム踏面をリセット]ボタンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomTreadReset.png 

11.新規のカスタム踏面は、[踏板の設定]の構成要素として使用できます。この踏面を選択して階段全体に適用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ChooseCustomTread.png