調整されない要素の交差

壁と壁の交差では、基準線が交差している場合にしか調整が行われません (干渉はサポートされません)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ModelParallelWalls.png          //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ModelParallelWallsSection.png

柱と柱の交差では、干渉時には調整されません。

断面形状の柱または断面形状の結合機能を使用して、特殊な柱の交差を実行します。

複合構造壁と交差する柱を配置する場合、どの図形作成法 – ラップ作成法または非ラップ作成法 – を選択するかによって、平面図の壁/柱の表示が異なってきます。

スラブとスラブの交差では、干渉時には調整されません。

メッシュはサポートされません。

オブジェクトはサポートされません。