柱の作成

柱ツールを使用すると、平面図または3Dウィンドウのいずれかで新しい柱を作成できます。

必要な柱の属性および形状を柱の設定から選択し、クリックして柱をプロジェクトに配置します。

配置した後でも、柱の高さを3Dウィンドウでストレッチできます。

高さをストレッチ」を参照してください。

柱の配置手法

情報ボックスには、柱の配置に使用できる3つの図形作成法(入力法)があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ColumnInfoBox.png 

標準:1回のクリックで、柱を配置できます。柱の軸は、平面図から投影されます。

回転:最初のクリックで柱の基部における配置基準点を決定し、2番目のクリックで垂直軸に対する回転角度を定義します。

周回:柱が複雑な柱または傾斜柱の場合、この入力法では柱の配置過程は3段階に分けて行います。まず、クリックして柱を配置します。次に、垂直軸を中心に柱を回転し、クリックします。最後に、柱自身の傾斜柱軸を中心に柱を回転させ(回転角を設定)、クリックして完了します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ColumnPlacement.png 

傾斜柱を作成する

柱の設定から[傾斜]アイコンを選択し、傾斜角度を度単位で入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SlantColumn.png 

情報ボックスから[配置法]を選択し、柱を配置します。

柱の配置手法」を参照してください。

傾斜壁と柱の修正」も参照してください。