標準鉄骨柱/梁の断面形状の使用

IFC標準を使用して構造設計ソフトウェアとデータを交換する場合、標準要素を断面形状の柱または梁として使用すると便利です。データ交換処理中に、構造工学プログラムによってこのような標準要素が正確かつ完全に認識されて識別され、設定を調整する必要がありません。

[オプション]→[断面形状]→[標準鉄骨断面形状をインポート]コマンドを使用します。

[標準鉄骨断面形状データベース]が表示されます。

断面形状データベース

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ProjectCatalog.png 

この図では、プロジェクトの断面形状のリスト(右側のリストウィンドウ)が空であるため、データベースから選択した断面形状を追加する必要があります。

左側の[使用可能な断面形状]リスト(編集不可)から、数千もの標準断面形状にアクセスできます (必要に応じて、名前または特定の寸法で列をソートしてください)。[国コード]および[形状]の各コントロールを使用して、必要な断面形状を検索します。

断面形状を選択してから、[プロジェクトに断面形状を追加]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddProfile.png 

これで、選択した構造が右側のリストに表示されます

必要に応じて、上部のポップアップから[ビルディングマテリアル]を構造に割り当てます。

[削除]をクリックして、インポートリストからプロジェクトの断面形状を削除します。

[インポート]をクリックします。これで、選択した断面形状がARCHICADプロジェクトで使用可能になります。

IFCの操作」も参照してください。

構造断面形状要素の配置

柱または梁の設定の[形状と位置]パネルで図形作成法として[断面形状]を選択します。

断面形状ポップアップから必要な断面形状を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/StructuralProperty0.png 

柱または梁の構造を配置するとき、挿入点はオブジェクトの境界線の中心になります。ただし、ホットスポットが追加され、要素の重心に配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/InsertionPoint.png 

この事前に定義された鉄骨断面形状の梁および柱は、一覧表に名前別にリストできます。一覧表の[一覧表設定]の[フィールド]パネルに「断面形状」または「ビルディングマテリアル/複合構造/断面形状/塗りつぶし」が含まれます。