新規オフセット形状変更の作成

関連トピック

オフセット形状変更の編集

オフセット形状変更:ヒントとテクニック

オフセット形状変更を作成すると、配置した断面形状の要素インスタンスをローカルでカスタマイズおよび修正できます。

断面形状に複数のオフセット形状変更を含めることや、1つのオフセット形状変更に1つまたは複数の寸法(同じ長さ)を含めることができます。また、単一の寸法で複数の辺を制御することもできます。

以下の例は、これらの機能を示したものです。

この例では、「コンクリートスラブエッジ基礎」という名前の断面形状を作成します。この断面形状の特定の辺に「基部幅」という名前の形状変更を追加します。これにより、要素の配置後、基部幅の辺をグラフィカルに修正できます。

1.[断面形状編集]で、塗りつぶしツールを使用して断面を描画します。

[公称高さ]および[公称幅]が表示されます(公称幅/高さの表示は[作図レイヤー]パネルでオンにします)。

[ストレッチ形状変更]も表示されます(ストレッチ形状変更の表示は[作図レイヤー]パネルでオンにします)。デフォルトでは、ストレッチ形状変更は公称高さ/幅の寸法と一致しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Modifier1.png 

ここで、断面形状の特定の辺に対して「基部幅」という名前のオフセット形状変更を作成します。

2.[形状変更]パネルの[新しい形状変更]をクリックします。

3.[新しい断面形状の形状変更]ダイアログで、「基部幅」という名前を付けます。

あるいは、ポップアップリストから既存の名前を選択します(このパラメータが同じプロジェクトの別の断面形状ですでに定義されている場合)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NewBaseWidth.png 

新しく作成した形状変更が形状変更リストに表示されます。最初に表示される警告を表す三角形の記号は、この形状変更が未定義であることを示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BaseWidthModifier.png 

4.[断面形状編集]ウィンドウは、寸法入力モードになります(寸法入力モードにならない場合は、以下に示すように[形状変更]パネルの[オフセットの寸法を追加]ボタンをクリックします)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OffsetModifier1.png 

寸法を定義して基準点を設定する場合、以下に示す複数の方法があります。

辺とノードの基準点

2つの辺から2つのノード(終了ノードを自動的に検出して基準点を設定)

ノードとノード(隣接辺)

入力時に、オフセット可能な辺は黒色で表示されます。カーソルを合わせると、青色で強調表示されます。

辺とノードの基準点

オフセットする辺をクリックします。カーソルをドラッグします(形状変更のパラメータ名が表示され、その寸法線をドラッグします)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OffsetModifier2.png 

塗りつぶしノードをクリックしてから生成された寸法線をドラッグし、再びクリックして配置します。

結果:所定の方向にオフセット可能な辺オフセットパラメータを作成し、クリックしたノードから基準点を設定しました。

寸法終端に表示される円がノード基準点を示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeNodeModifier.png    //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeNodeModifierDone.png

形状変更:単一辺のオフセット、塗りつぶしノードに基準点を設定

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OffsetBaseWidth.png 

基準点は塗りつぶしノードに連動するため、断面形状の塗りつぶし形状を変更すると、基準点(および形状変更)はそれに応じて変更されます。

あるいは、[断面形状編集]内の任意の部分をクリックして、固定基準点を作成します(ここでは、断面形状原点)。

次に、生成された寸法線をドラッグし、再びクリックして配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AnchorToStatic.png 

寸法終端に表示される四角形が固定基準点を示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AnchorToStaticDone.png 

2つの辺から2つのノード

オフセットする辺をクリックし、もう1つの辺をクリックします。カーソルを移動すると、寸法は自動的に最も近い終了ノードを検出し、基準点を設定します。

次に、生成された寸法線をドラッグし、再びクリックして配置します。

結果:2つの辺のオフセットパラメータを作成しました。このパラメータを変更すると、両方の辺が変更されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeEdgeModifier1.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeEdgeModifier.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OffsetBaseWidth1.png 

2つの対辺の形状変更オフセット

クリックした2つの辺は、平行でなくてもかまいません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OffsetBaseWidthAngled.png 

ノードとノード(隣接辺)

基準点を設定する寸法がオフセット辺に対して垂直でない場合がある形状変更を作成するには、この方法を使用します。

寸法を表す2つのノードをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NodeNode.png 

オフセットする辺をクリックします。辺が寸法に対して垂直でなくてもかまいませんが、クリックしたノードのいずれかに隣接している必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NodeNodeEdge.png    //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NodeNodeEdgeDone.png

結果:辺は垂直にオフセットされますが、指定した寸法から計測されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OffsetGirderResult.png