オフセット形状変更

これは、[断面形状マネージャ]([オプション]→[属性設定])のコントロールです。

オフセット形状変更は、断面形状に追加するオプションのコントロールです。これは要素インスタンスレベルで個々の辺または複数の辺をオフセットまたは制御する場合に使用します。

オフセット形状変更は、断面形状ごとに[形状変更]パネルにリストされます。

[作図レイヤー]パネルで表示をオンに設定した場合、[断面形状編集]に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FootingWidth.png 

断面形状編集:オフセット形状変更を設定した要素

単一の断面形状を要素インスタンスレベルで修正して編集できるため、類似した複数の断面形状を作成して管理する必要性が低減されます。

設定ダイアログから断面形状の数値を修正するか、あるいは平面図、断面図、および3Dで断面形状をグラフィカルに修正します。

数式タイプのプロパティでパラメトリック形状変更およびその値のラベルやスケジュールを設定して使用できます。

注記:オフセット形状変更がサポートされるのは、壁、梁、および柱の断面形状のみです。

関連トピック

新規オフセット形状変更の作成

オフセット形状変更の編集

オフセット形状変更:ヒントとテクニック