手摺りのモデル表示オプション

手摺りオプション

このパネルには、[ドキュメント]→[モデル表示]→[モデル表示オプション]からアクセスできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingMVOFull.png 

3D/断面図の手摺りの精度

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingMVO.png 

[詳細]モードでは、手摺りが完全に表示されるため、全ての3D要素の詳細を確認できます。

[簡略]では、手摺りが完全に表示され、全ての3D要素を確認できますが、簡易表示のため、サブ要素は境界線が表示されます。

[スキーム]モードでは、手摺りのパスの表示に、連続したメンブレン材質が使用されます。

[簡略]または[スキーム]を選択して[オプション]をクリックすると、3Dおよび断面図ビューに表示する手摺りの表面と線のオプションをカスタマイズできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingSchematic.png 

手摺りの平面図シンボル構成要素の表示/非表示を切り替える

チェックボックスを使用して、手摺りの平面図シンボル構成要素の表示/非表示を切り替えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingFPComponentMVO.png 

個々の手摺りシンボルの表示/非表示を切り替えるには、手摺りの設定を使用します。

手摺りの平面図シンボル構成要素」を参照してください。

(手摺りの表示/非表示部分に基づいて)シンボル表示を微調整するには、[モデル表示オプション]ダイアログボックスの[詳細レベル]パネルを使用します。

階段、レールシンボルの詳細レベル」を参照してください。