パターンエディタ(手摺りツールの設定)

パターンエディタは、セグメント設定ページの上部および手摺り構成要素の全ての設定ページで使用できるグラフィカルインターフェイスです。

パターンエディタを使用して、各セグメントに固有の手摺りパターンを組み合わせることができます。ユーザー定義の配列ロジックに従って、各セグメント内でパターンを繰り返すことができます。

パターンエディタでは、このパターンがシンボルで表示されます。パターンの構成要素として、トップレール、ハンドレール、レール、子柱、手摺子、およびパネルを使用できます。

パターンエディタインターフェイスの白色部分は、パターンそのものを表しており、セグメント全体にわたって配置されます。パターンは、必要に応じて繰り返すことや、配列設定に応じて繰り返すことができます。この白色部分(パターン長さ)は、パターン内の最後(右端)の子柱まで続きます(下図では点線で示されています)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PatternEditor.png 

パターン長さ

詳細については、後述の「パターン長さ」を参照してください。

パターンエディタの選択項目

パターンから構成要素を選択するには、カーソルを合わせてフィードバックを表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HoverBaluster.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HoverHandrail.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HoverInnerPost.png 

構成要素をクリックして選択します。ツリー構造の構成要素タイプも選択され、ダイアログボックスでその設定を使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectBalusterSettings.png 

構成要素をパターンエディタに追加する

手摺り構成要素をパターンエディタに追加するには、以下の手順を実行します。

1.ツリー構造から構成要素(ハンドレールなど)を選択します。

注記:セグメントページではなく、特定の手摺り構成要素を選択する必要があります。

2.プラス符号をクリックします。

3.表示されたシンボルを移動して、パターンエディタ上に配置します。

4.クリックして配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddHandrail.png 

例:子柱をパターンエディタに追加する

1.ツリー構造から子柱を選択します。

2.プラス符号をクリックして、表示された支柱シンボルを移動し、パターンエディタ上に配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddInnerPost.png 

パターンエディタから構成要素を削除する

パターンエディタから構成要素を削除するには、以下の手順を実行します。

パターン内の構成要素を選択して、以下のいずれかの操作を行います。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DeleteHandrail.png 

マイナス符号をクリックします。

Deleteキーを押します。

Backspaceキーを押します。

パターン長さ

パターンは、パターンエディタの白色領域内の右端の子柱まで続きます。

パターン長さを変更するには、子柱を選択して下部の設定の[前からの距離]値を調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ExtendPatternLength.png 

パターン長さ

詳細は、「子柱設定(手摺りツール)」を参照してください。

パターンをセグメントの長さに変換

手摺りを配置してから、その手摺りを選択し、コンテキストメニューの[パターンをセグメントの長さに変換]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ConvertPattern.png 

階段の踏面幅にパターン長さを適合させることもできます。

連動階段の手摺り