複合平面屋根を作成する

平面図または3Dウィンドウ

1.屋根ツールを選択します。屋根の設定または情報ボックスで、主要な屋根パラメータ(勾配、材質、軒の出など)を調整します。

2.情報ボックスまたは屋根の設定から複合平面法を選択します。

3.情報ボックスから以下のいずれかの図形作成法を選択します。

複雑

隅棟

切妻

回転矩形隅棟

回転矩形切妻

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofInfoBoxMulti.png 

4.複合平面屋根の基準ポリゴンの描画を開始します。通常、建築構造のアウトラインに沿って描画します。

5.ポリゴンを閉じて複合平面屋根を完成させます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MultiplaneFloorPlan.png 

6.あるいは、既存の壁にマジックワンド(スペースキーを押しながらクリック)を使用して、基準ポリゴンと複合平面屋根を即座に生成して配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/3DMultiplane.png 

これにより、複合平面で構成される単一屋根要素が生成されます。この屋根平面は、平面ごとにさらに詳細に編集できますが(カスタム材質の割り当てや平面への勾配設定など)、屋根は単一要素のままです。

屋根平面をカスタマイズする」を参照してください。

屋根の作成後でも、基準ポリゴンまたは屋根の棟をグラフィカルに編集することで、屋根の形状を簡単に変更できます。

屋根形状のグラフィック編集」を参照してください。

複合平面屋根の構造は、マンサード屋根の作成などのために、複合水平レベルまたは辺に分割できます。

屋根レベルを追加する」を参照してください。