マンサード屋根

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Mansard3D.png 

マンサード屋根を作成するには、2つの異なるレベルを持つ複合平面屋根を2つの異なる勾配に設定します。

1.通常の寄せ棟屋根から開始します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HipRoof3D00029.png 

2.屋根を選択します。

3.屋根の設定の[複合平面形状]パネルで、[追加]をクリックして新しい屋根レベルを追加します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddRoofLevel.png 

4.各レベルの勾配を調整します。この例では、最初の勾配の大きいレベルは60度です。上部の勾配の小さいレベルは30度です。

5.レベル1が2000 mm(レベル2の開始高度)で終了するようにレベル1の高度を調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofLevelAdjust2.png 

6.屋根の設定の[モデル]パネルで、適宜、材質を調整します。

7.必要に応じて屋根のその他の設定を変更します。この例では、軒の出のオフセットをゼロに設定しています。

8.[OK]をクリックして、屋根の設定を閉じます。マンサード屋根が完成しました。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Mansard2D.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Mansard3D00030.png 

必要に応じて、[平面のカスタム設定]でパラメータを変更して、マンサード屋根の個々の平面のカスタム属性を定義してください。この設定には編集時にペットパレットからアクセスできます。

屋根平面をカスタマイズする」を参照してください。

例えば、上方の屋根レベルの両端の屋根平面を切妻にして、入母屋屋根を作成できます。

入母屋屋根」を参照してください。

屋根レベルの形状はさらに細かく編集できます。

屋根レベルを編集する」を参照してください。