屋根にタワーを追加する

1.通常の寄せ棟屋根から開始します。

2.平面図または3Dウィンドウで、タワーを追加する平面の基準線を選択します。

3.ポリゴンを面取りして、追加の屋根平面を作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ChamferRoof.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ChamferRoof2.png

4.この新しい平面で、もう一度基準線を選択し、ポリゴン編集機能を使用して曲線を辺に追加し、タワーの形状を作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ChamferRoof3.png 

屋根の全ての円弧面の分割数は円弧分割または円分割によって等分されます。これは屋根ツールの設定([複合平面屋根]パネル)の曲線解像度コントロールで設定します。

曲線解像度」を参照してください。

この円弧解像度法は、[平面をカスタマイズ]ダイアログボックスを使用して、タワーと同様に特定の円弧面に対してカスタマイズできます。

屋根平面をカスタマイズする」を参照してください。

例えば、タワーを6分割で構成する場合、[円弧分割]を選択して「6」を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ByArcTower.png 

このように、周囲の屋根平面の形状を変更しても、タワーの円弧面の分割数は6のままです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TowerSix.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TowerSixStretch.png