単一平面屋根まで要素をクロップする

単一平面屋根に合わせて他の要素を調整するには、クロップ機能を使用します。以下のセクションで、クロップ機能について説明します。

[単一平面屋根までクロップ]機能を使用する

屋根クロップを元に戻す

[屋根までクロップ]の[壁高さ]/[柱高さ]設定への影響

[屋根までクロップ]を使用してポリゴン形状の壁、梁、および柱を作成する

スラブを屋根でクロップする

他のフロアの屋根でクロップする

[単一平面屋根までクロップ]機能を使用する

単一平面屋根に合わせて要素をクロップするには、[デザイン]→[屋根修正]→[単一平面屋根までクロップ]コマンドを使用します。

[単一平面屋根までクロップ]機能は連動しません。[屋根までクロップ]は単一平面屋根のみで使用でき、固定の壁形状を変更できます。

屋根とその他の要素間の連動切り取りの作成については、「屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

屋根は、以下の上部または下部をクロップできます。

スラブ

ライブラリ部品(ドア、窓、オブジェクト)

注記:類似機能として[ゾーンをクロップ]コマンドがあります。これは、単一平面屋根を含む、周囲の要素を使用してゾーン体積をクロップします。

ゾーンを別の要素に合わせてクロップする」を参照してください。

要素のクロップが実行されるのは、要素がいずれかの点で単一平面屋根と交差しており、[単一平面屋根まで切り取り]ダイアログボックスでその要素タイプをチェックしている場合のみです。

これは、通常、3Dウィンドウで[屋根までクロップ]を使用する最も簡単な方法です。ここでは、屋根とその他の組み立て要素との空間的な関係を確認できます。

[単一平面屋根までクロップ]コマンドを使用できるのは、少なくとも1つの屋根または前述のタイプの要素が選択されている場合です。

要素を屋根に合わせてクロップするには、以下の手順を実行します。

1.以下のいずれかを実行します。

クロップする要素を選択する (屋根といずれかの点で交差する要素のみがクロップ可能)

要素をクロップする基準となる屋根を選択する

要素および屋根の両方を選択する

屋根や要素を選択すると、クロップ範囲が絞り込まれます。

屋根のみを選択すると、適切な要素が全てクロップされます。

要素のみを選択すると、適切な全ての屋根に合わせて要素がクロップされます。

2.[デザイン]→[屋根修正]→[単一平面屋根までクロップ]に移動して、[単一平面屋根までクロップ]ダイアログボックスを開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimToRoofDlg.png 

3.クロップする要素タイプをチェックします (ダイアログボックスを起動する前にすでに特定の要素を選択している場合、このチェックボックスはグレー表示になります)。

4.クロップする要素部分に応じて、以下のクロップオプションをクリックします。

[要素上部をクロップ]:屋根の上にある要素部分をクロップします。

[要素下部をクロップ]:屋根の下にある要素部分をクロップします。

5.[クロップ]をクリックして結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/roofwallcutex1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/roofwallcutex2.png

屋根またはクロップした要素を隠す、互いに離す、あるいはクロップを実行する屋根を削除しても、クロップは有効のままです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/roofwallcrop.png 

壁全体に交差する屋根で壁をクロップする場合、元の壁は、クロップする屋根で切断されている壁と、切断部のない別の壁の2つの部分に切り分けられます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/wallentcutbef.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/wallentcutaft.png

屋根クロップを元に戻す

要素のクロップは、表示確認のために一時的に行ったり、確定したりできます。

一時的なクロップの実行後に要素を復元できます。屋根に合わせて要素をクロップすると、以下の操作項目で[全てのクロップを元に戻す]コマンドが有効になります。

選択した要素のコンテキストメニュー

[デザイン]→[屋根修正]

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/UndoAllCrops.png 

例外:スラブのクロップは、ARCHICADの一般的な[元に戻す]機能([編集]→[元に戻す])でしか元に戻すことができません。

[屋根までクロップ]の[壁高さ]/[柱高さ]設定への影響

デフォルトでは、壁または柱を屋根に合わせてクロップしても、クロップした要素の高さは変わりません。下図のように、クロップした壁の選択ドットはクロップ前と同じ場所にあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/roofwallcutex100040.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/roofwallcutex200041.png

クロップした要素の高さを再計算してクロップ後の形状を反映させるには、以下のチェックボックスをクリックします。

[壁/柱の上面を最高点に設定]([単一平面屋根までクロップ]ダイアログボックス下部)

([要素下部をクロップ]を選択した場合、このチェックボックスの表示内容は「壁/柱の基部高さ(最低点)」に変わります。)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallColumnHeight1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallColumnHeight2.png

つまり、クロップした壁または柱の高さは、クロップした高さの最大値(上部をクロップした場合)またはクロップした基部高さの最小値(下部をクロップした場合)と等しくなるように再計算されます。

このクロップでは、このチェックボックスをチェックしています。つまり、(選択ドットによって表示される)壁の実際の高さは、クロップした壁の最高点に変わります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CropCheckbox1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CropCheckbox2.png

[全てのクロップを元に戻す]コマンドの効果は、チェックボックスの状態に応じて以下のように異なります。

壁/柱の最高値を再計算するようにクロップ操作を設定した場合(チェックボックスが有効であった場合)、[全てのクロップを元に戻す]を実行すると、下図のようにクロップした高さの最大値まで壁/柱を再作成するだけです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/UndoAllCrops3D.png 

一方、ボックスをチェックしなかった場合、[全てのクロップを元に戻す]を実行すると、壁高さは元の高さまで再作成されます。

[屋根までクロップ]を使用してポリゴン形状の壁、梁、および柱を作成する

屋根に合わせたクロップにより、壁、梁、柱に複雑な形状の切り取りを行うことができます。壁は、屋根の数に関係なく、常にその上の屋根の形状に従います。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/roofwallcutex200042.png 

スラブを屋根でクロップする

スラブも、[デザイン]→[屋根修正]→[単一平面屋根までクロップ]コマンドを使用して、屋根の上部または下部の傾斜によってクロップできます。

その他の要素は部分的にクロップすることができますが、スラブは、常に屋根およびスラブの断面線全体に沿って切断されます。さらに、クロップしたスラブの辺は、傾斜した屋根でクロップした後でも、常に垂直になります。

ただし、スラブエッジ角度を手動で調整できます。

スラブの辺角度と辺材質のカスタム設定」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SlabTrimBef.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SlabTrimAft.png

他のフロアの屋根でクロップする

特定の屋根の面に合わせて要素をクロップする場合、遠く離れた屋根や、所定のフロアに輪郭が表示されている他のフロアの屋根を使用できます。この場合、[単一平面屋根までクロップ]コマンドは使用できません(要素が相互に交差している場合のみ使用できます)。他のフロアの屋根でクロップするときにキーボードショートカットを使用できます。

1.屋根ツールを選択します。

2.切り取る要素を選択し、使用する屋根の辺または節点を、Ctrlキー(またはコマンドキー)を押しながらクリックします。逆の手順も可能で、切断に使用する屋根を選択し、Ctrlキー(またはコマンドキー)を押しながら、切断する個々の要素をクリックします。

注記:壁、梁、柱は、1 つの屋根の下にあるかないかに関係なく切り取りされます。元の矩形の壁、梁、柱に十分な高さを設定して、それらが正しく切断されるようにしてください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CropShortcut1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CropShortcut2.png

単一平面屋根を交差させる」も参照してください。