屋根で要素を切り取る:手動切り取り

切り取り要素の残す部分(内側/外側など)を判断しながら、1つまたは複数のモデル要素を特定の屋根/シェルに合わせて切り取る場合、手動切り取りのワークフローを使用します。

自動切り取りロジックで、選択した複数要素を1ステップで自動的に切り取る場合は、「選択した複数要素を切り取る:自動切り取り」を参照してください。

標準の要素切り取りコマンドについては、「はさみを使用した要素の切り取り」を参照してください。

手動切り取り:例

以下のように2つのシェルが交差する場合を考えます (V形状のシェルの中にトンネル形状のシェルが通っています)。これらのシェルを以下の目的で切り取ります。

V形状のシェルの内側にあるトンネル形状のシェル部分のみを残します。

トンネル形状のシェルの外側部分は削除します。

V形状のシェルを切り取り、トンネル形状のシェルのための穴を作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimInside1.png 

自動切り取りロジックでは、内側部分が欠落してしまうため不十分です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AutoTrimResult.png 

選択した複数要素を切り取る:自動切り取り」を参照してください。

代わりに、以下の切り取りワークフローを使用します。

1.切り取るシェル(トンネル形状)を選択します。

2.コンテキストメニューから、[接続]→[屋根/シェルで要素を切り取り]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim3.png 

3.ここで切り取り要素を選択する必要があります。

注記:カーソルが小さな屋根の形に変化します。これを使用して要素をクリックし、切り取り要素(ここでは、赤色のフィードバックが表示されたV形状のシェル)として使用します。

注記:切り取りボディがオンに設定されていない場合は、切り取り操作の間、ここに自動的に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrimIcon.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim2.png 

次に、保持するトンネル形状のシェル部分を選択する必要があります。カーソルをトンネル部分(V形状シェルの内側と外側)の上に移動し、青色のフィードバックを確認します。これは切り取り実行後に保持できるトンネル部分のオプションを示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim4.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim5.png

4.内側部分を保持するため、その部分をクリックします。切り取りが実行されます。

注記:あるいは、Ctrlキーを押しながらクリックすると、その部分が削除されます。フィードバックは常に保持される部分を青色で表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim6.png 

次に、もう一方の要素であるV形状のシェルを選択して、トンネル用の穴を切り取る必要があります。以下の切り取り処理を繰り返し実行します。

1.切り取るシェル(V形状)を選択します。

2.コンテキストメニューから、[接続]→[屋根/シェルで要素を切り取り]を選択します。

3.小さな屋根の形をしたカーソルを使用して、切り取り要素(この場合はトンネル形状シェル)を選択する必要があります。これは赤色のフィードバックで表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTunnel1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTunnelTrimmer.png

4.次に、保持するV形状のシェル部分を選択します。カーソルを移動して青色のフィードバックを表示し、切り取り実行後に保持できる部分のオプションを確認します。

5.V形状のシェルの保持する部分をクリックします。切り取りが実行されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim7.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManualTrim8.png