切り取り要素を結合する

以下の2つのシェルの間に壁を通す場合を考えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimRemain1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimRemain2.png

両方のシェルの上に拡張しないように、壁を切り取ります。シェル自体はまだ何も変更していません。

これを行うには、シェル自体を切り取らずに2つのシェルの切り取りボディを結合します。次に、結合した切り取りボディを使用して、壁を1ステップで切り取ります。

1.両方のシェルを選択します。

2.コンテキストメニューから[接続]→[要素の結合](または[デザイン]→[接続]→[要素の結合])を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimRemain5.png 

シェル自体を切り取らずに、シェルの切り取りボディを結合します。

これで、この結合したが変更していないシェルの切り取りボディを切り取り要素として使用して、壁に自動切り取り手順を実行できます。

1.壁とシェルを一緒に選択します。

2.コンテキストメニューから、[接続]→[屋根/シェルで要素を切り取り]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimRemain10.png 

3.表示されるダイアログボックスで[切り取り]をクリックします。

4.3Dで結果を表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimRemain12.png