既存要素からのモルフの作成

選択内容をモルフに変換

[選択内容をモルフに変換]コマンドを使用すると、選択した要素から複数のモルフを作成できます。選択した各要素が個別のモルフになります。

1.任意のモデルウィンドウで、モルフに変更する要素を選択します。

2.[デザイン]→[選択内容をモルフに変換]を使用します。

3.選択された要素で3D形状を持つものは、モルフに変換されます。

例:GDLオブジェクトをモルフに変換

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/explode_into_morphs_before.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/explode_into_morphs_after.png

GDLオブジェクトをモルフに変換すると、以下の処理が実行されます。

GDLオブジェクトが個別のモルフに変換されます。

その他の要素のGDLサブ要素の構成要素(ドア、窓、壁の終端、天窓など)が個別のモルフに変換されます。

同様に、複合屋根およびカーテンウォールのサブ要素が個別のモルフに変換されます。

注記:生成したモルフが非常に複雑な場合、編集やパフォーマンスに関する問題が生じる可能性があります。

新しく作成したモルフの属性に関する注記:

変換する要素がオブジェクトであり、その材質がまだ存在しない場合は、その材質がプロジェクトの材質属性セットに追加されます。このようにして新しく追加された材質属性は「_変換されたオブジェクトから」という接尾文字が自動的に付加されますが、この文字列はプログラムによる名前の重複検査では考慮されません (変換するオブジェクトの材質がすでにプロジェクトに存在する場合、新しく作成するモルフには既存の材質が使用されます)。材質にアタッチするテクスチャは全て埋め込みライブラリに追加されます。

チームワークでは、材質および塗りつぶしの作成には適切なアクセス権利が必要です。この権利がない場合、警告メッセージが表示されます。モルフは作成されますが、材質/塗りつぶし/テクスチャがプロジェクトに追加されないため、思いどおりにモルフが表示されない場合があります。