基本的なモルフ編集:チューブ

[チューブ]コマンドを使用すると、モルフ面をチューブに拡張できます。この場合、何度でも方向と平面を変更できます。

1.モルフ面上の任意の場所をクリックします。

2.ペットパレットから[チューブ]コマンドを選択します。

3.チューブの描画を開始し、クリックして各辺を順番に配置します。

注記:1番目の辺はクリックした面と垂直に描画する必要があります。

マジックワンドを使用すると、閉じたポリゴンの周囲をなぞってチューブのパスを描画できます(ポリゴン面およびチューブの断面形状面が同じ平面に存在しない場合)。

必要に応じて編集中の平面を変更します。

直前に描画した辺を元に戻すには、ペットパレットの[戻る]コマンドを使用します。

4.ダブルクリックしてチューブの描画を終了します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/tube_1.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/tube_2.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/tube_3.png 

チューブの基準点

ペットパレットを表示するためにモルフ面上でクリックした点は、チューブの基準点になります(チューブを移動する点)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TubeRefPoint1.png 

ただし、ペットパレットから[チューブ]コマンドを選択した後は、面(輪郭)上のクリックした点以外の任意の場所をクリックして基準点として使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TubeRefPoint2.png