モルフ辺タイプ:ハード、非表示、ソフト

[ハード]のモルフ辺は選択して編集できます。

[非表示]の辺は、手動で選択して非表示に設定したハードの辺です。

[ソフト]の辺は、編集およびスムージング操作時および曲線モルフ形状内で自動的に生成され、デフォルトでは非表示であり、選択できません。

分割辺をソフトに設定して2つの面を1つに結合する場合など、ソフト辺は手動で定義することもできます。

ソフトの辺は内部のサブ要素であり、セグメント化された面を分割します。このような面は、(OpenGLおよびレンダリングにおいて)滑らかな曲面として表示されます。

モルフ面の結合による滑らかな編集効果:「ソフト」辺の使用」を参照してください。

ハード辺とソフト辺:隠れたモルフ形状を表示

モルフを編集する場合、必要に応じて、辺を選択してモルフ形状を修正できるように辺をソフトではなくハードに再定義できます。

ソフト辺を含む全ての辺を表示(および選択できるように)するには、以下の操作を実行します。

[デザイン]→[モルフを修正]→[隠れたモルフ形状]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeType1.png//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeType2.png 

辺タイプの変更

選択したモルフ辺の辺タイプを変更できます。

この機能の詳細については、「モルフ面の結合による滑らかな編集効果:「ソフト」辺の使用」を参照してください。

1.辺またはモルフ全体を選択します。

2.以下のいずれかのコントロールを使用して、他の辺タイプ(ハード、非表示、ソフト)を選択します。

情報ボックス

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EdgeTypeInfoBox.png 

ペットパレット。[辺のカスタム設定]コマンドを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomEdgePetPalette.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomEdgeSettingsMorph.png

デフォルトのモルフ辺タイプとは異なる辺タイプを適用した場合、モルフの設定の[モデル]パネルには、カスタム辺タイプが適用されていることが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomEdgeMorphYellow.png 

3.[変更を適用]:必要なオプションを設定したら、変更を適用する辺を選択します。

注記:[辺のカスタム設定]ダイアログボックスのこれらのオプションを使用できるのは、モルフ全体を選択してからペットパレットを開いた場合のみです。1つまたは複数の辺を選択した場合、変更が適用されるのは選択した辺のみであり、他のオプションは選択できません。

[クリックした辺]では、ペットパレットを開いたときにクリックした辺にのみ、選択した辺タイプを適用します。

[全ての同様の辺]では、変更した辺と初期設定が同じである、選択したモルフ内の全ての辺に選択したオプションを適用します。例えば、辺タイプを「ハード」から「非表示」に変更すると、このモルフのハード辺は全て「非表示」に変更されます。

[全ての辺]では、選択したタイプを選択したモルフの全ての辺に適用します。

4.[OK]をクリックして変更を適用します。