ゾーン背景の2D表示

デフォルトでは、ゾーン背景はゾーンカテゴリのカラーで表示されます。

ゾーンカテゴリ」を参照してください。

必要に応じて、任意の表面塗りつぶしを使用して別のゾーン塗りつぶしを割り当てることができます。

1.[ゾーンの設定]の[平面図]パネルに移動します。

2.左の[表面塗りつぶし]アイコンを有効化します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CoverFillZone.png 

3.塗りつぶしポップアップメニューから塗りつぶしパターンを選択します。

ゾーン塗りつぶしを割り当てている場合は、デフォルトで平面図に表示されます。

注記:ゾーン背景(およびその他の塗りつぶし)には、表現の上書きを適用できます。

表現の上書きルール」を参照してください。

傾斜壁を含むゾーンの表示

1つまたは複数の傾斜壁にバインドされたゾーンは傾斜図形を正確に認識します。このようなゾーンは、平面図に次の2つの個別のゾーンポリゴンと一緒に表示されます。

編集可能な選択点を含むポリゴン。このポリゴンは平面図のゾーンの表示部分を設定します(このポリゴンは編集できますが、3Dゾーンに対する効果はありません)。

整然とした選択点を含むポリゴン。このポリゴンは3Dゾーンのベースの正確な範囲を示します(このポリゴンを編集して、ゾーンの形状を編集することはできません)。