単純な押出アーチ構造:平面図に垂直

この方法は、アーチ構造のシェル断面形状を配置し、上下(平面図に対して垂直)に押し出す場合に使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellPerp3D.png 

ここではシェルの断面形状は常に半円(アーチ構造)です (断面形状は後から編集できます)。

平面図の場合:

1.シェルツールを有効にして、押出図形作成法と[組み立て法:簡略]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellVaultChoice00046.png 

2.シェルを配置する場所をダブルクリックします (一時的な断面形状が表示されます)。この基準高さは、シェルの設定で設定した値に応じて異なります。

3.ダイアログボックスが表示されたら、シェルの押出の長さを入力します。正の値を入力すると、シェルが上(こちら側)に押し出されます。負の値を入力すると、こちらから離れる方向にベクトルが作成されます。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellPerpendicular.png 

4.カーソルを移動してシェルの位置を定義し、クリックして断面形状の幅を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ExtrudeWidth.png 

5.シェルの完成です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellPerpendicularDone.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellPerp3D00047.png