シェルまたはシェル開口の辺をカスタマイズする

シェルの辺およびシェル開口の辺の材質/タイプをカスタマイズすることができます。

カスタマイズする材質/タイプのオプションを設定したら、これらをクリックした辺にのみ、クリックしたポリゴン(開口)の全ての辺、またはシェルの全ての辺に適用できます。

1.シェルを選択します。

2.辺をクリックしてペットパレットを表示します。

3.[辺のカスタム設定]アイコンを選択して、[辺のカスタム設定]ダイアログボックスを開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellEdgeSettings.png 

4.必要に応じて、各コントロールを使用して[材質]と[辺タイプ]を調整します。

カスタムシェル辺材質

注記:デフォルトでは、シェル辺に適用される表面の材質はシェルに割り当てられたビルディングマテリアルから取得されます。シェルの設定の[モデル]パネルでコントロールを使用して、シェルの全ての辺材質を上書きできます。[辺のカスタム設定]では、1つまたは複数のシェル辺の材質を詳細にカスタマイズできます。

[材質]:[材質上書き]ボタンをクリックして、シェル辺または終端のカスタム材質を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomShellSurface.png 

ここでシェルの設定の[モデル]パネル(またはビルディングマテリアル)で定義した辺材質とは異なる材質を辺に適用すると、[モデル]パネルには、カスタム辺材質が適用されたことが(黄色のパッチにより)示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomizedShellSurface.png 

ダイアログボックスを開いたまま、シェルの設定でシェルの辺材質を上書きすると、黄色のパッチ(「カスタム辺」を提示)は赤色のシャドウになります。これは、シェルの全般的な辺の設定が変更されることを意味します。カスタム辺を含めてこの変更を全ての辺に適用するかどうかを設定します。

適用する場合は、シェル設定の一番下にあるボックス([変更をカスタム平面/辺にも適用])を選択します。このボックスをオンにしない場合は、カスタム辺材質は以前の設定のままで変更されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RedPatchShell.png 

カスタムシェルの辺タイプ

[辺タイプ]:シェルの辺タイプを選択します(オプション)。

ここで定義するシェルの辺タイプは、ARCHICADの全てのリスト機能でパラメータとして使用できます。

辺タイプについては、「シェルリストパラメータ」を参照してください。

変更の適用

[変更を適用]:必要なオプションを設定したら、変更を適用する辺を選択します。

[クリックした辺]は、下で選択するオプション(材質、辺タイプ)を、ペットパレットを開いたときにクリックした辺にのみ適用します。

[選択した輪郭辺]は、選択したオプションをシェルの押出終端または開口の辺(選択したいずれか一方)にのみ適用します。

[全ての辺]は、選択したオプションをシェルの全ての辺および開口の全ての辺に適用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AllEdges.png 

5.[OK]をクリックして変更を適用します。