押出シェルの編集オプション

押出ベクトルについて

押出ベクトルの端点(最初に配置した点)は大きなホットスポットによって区別されます。これはシェルの基部高さを表します。

押出ベクトルはシェルボディ自体とは別に配置できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ExtrusionEndpoint3.png 

押出ベクトルを編集する

押出ベクトルの端点をクリックすると、ペットパレットに以下のコマンドが表示されます。

[押出の長さを編集]:押出ベクトルの長さを編集します。傾斜およびその他の形状パラメータは変更されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrude1.png 

[押出の傾斜を編集]:押出ベクトルの傾斜を編集します。押出長さ、シェルの開始角/終了角、および歪み角は変更されません。

  //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrude2.png

[ストレッチ]:押出ベクトルの長さとその回転を編集します。ベクトルの端点を既存要素に接続すると、傾斜も回転させることができます。開始角/終了角および歪み角は変更されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrude3.png 

シェルを他の既存要素に届くようにストレッチすると、それに応じてシェルの傾斜が変化します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrude4.png 

[押出ベクトルを移動]:シェルの押出ベクトルを別の位置に移動します。押出ベクトル上をクリックすると、ペットパレットにこのコマンドが表示されます。

押出ベクトルを移動すると、以下の2つの処理が実行されます。

シェルの基準高さは、ベクトルの新しい位置に合わせて変更されます。

シェルの開始角と終了角は、ベクトルの新しい位置に基づいて編集可能になります (ベクトルはシェルの開始角と終了角の回転軸として機能します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DragExtrusionVector.png 

押出シェルの断面形状を編集する

シェルを選択し、ペットパレットのコマンドを使用して断面形状を編集します。断面形状を移動しても押出ベクトルの位置は変わりません。

断面形状を移動/回転/ミラー

これらの3つのコマンドはシェル断面形状の平面で操作します(この平面は編集時に3Dウィンドウに表示されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DragExtrudedProfile1.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RotateProfileShell1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RotateProfileShell2.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrudedProfile4.png 

新規頂点を挿入

辺を湾曲

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrudedProfile2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrudedProfile1.png

歪み角を設定

シェル断面形状を選択し、ペットパレットのこのコマンドを使用して歪み角をグラフィカルに設定します。これは、アーチ構造のシェルをより「平らな」楕円形にする場合などに便利です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrudeDistortion.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrudeDistortion2.png

編集後の歪み角は座標情報、情報ボックス、またはシェルの設定で確認できます。

断面形状を継続

シェル断面形状の端点を選択すると、ペットパレットの[断面形状を継続]コマンドを使用できます。これを使用すると、ポリラインの延長と同じ操作で1つまたは複数の辺を断面形状に追加できます(ダブルクリックしてポリラインの描画を終了するか、もう一方の端点をクリックして閉じた断面形状を作成します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ExtendProfile1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ExtendProfile2.png

断面形状の辺を削除:閉じたシェル断面形状では、断面形状の辺を選択するとペットパレットの[辺を削除]コマンドを使用できます。クリックすると辺が削除されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RemoveEdge.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RemoveEdge2.png