シェルのグラフィック編集

平面図、断面図、および3D表示では、シェルに対してさまざまな編集機能を使用できます。シェルを選択し、ペットパレットのコマンドを使用して、シェルのツイスト、回転、形状や位置の変更などを実行できます。

3Dウィンドウでは、編集可能な断面形状、軸、押出ベクトルが別の色で表示されるため、簡単に見つけることができます。

注記:この色を変更するには、[オプション]→[作業環境]→[選択と要素情報]にある「3D上の参照線」を使用します。

シェルを3Dで選択した場合、シェルの各タイプの画像は次のようになります。

押出シェルには断面形状と押出ベクトルがあり、両方とも編集可能です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditExtrudeBasic.png 

回転シェルには断面形状と軸があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditRotatedBasic.png 

ルールシェルには2つの平面に2つの断面形状があり、それらはシェルボディによって接続されています。断面形状は編集でき、回転させることもできます。また、1つまたは両方の断面形状平面も回転させることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditRuledBasic.png 

シェルを編集しても、その切り取りボディの全体的な座標系の位置は変わりません。つまり、編集後にシェルの別の部分に穴が配置されることがあります。

シェルの開口を編集する」を参照してください。

押出シェルの編集オプション

回転シェルの編集オプション

ルールシェルの編集オプション