シェルに開口を作成

平面図または断面図ウィンドウの場合:

1.平面図または断面図でシェルを選択します。

2.コンテキストメニューから[シェルに開口を作成]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellOpening1.png 

3.シェルに目的のポリゴンを描画します (開口の平面は平面図ですが、これは後から編集できます)。

シェルの開口を編集する」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellOpening2.png 

4.3Dで結果を表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellOpening3.png 

3Dウィンドウの場合:

1.シェルを選択します。

2.コンテキストメニューから[シェルに開口を作成]を選択します。

3.開口を描画する入力平面を選択します。フィードバックを使用して目的の平面の位置を選択します (モデル内の平面を選択します。シェルの上面を選択する必要はありません)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellOpening3DPlane.png 

4.入力平面に目的のポリゴンを描画します (これは後から編集できます)。

シェルの開口を編集する」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellOpening3DDraw.png 

5.3Dで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellOpening3DResult.png 

一覧表内のシェル穴のリスト表示

シェル開口のプロパティ(穴面積や外周など)を一覧表にリスト表示できます。その他の要素と同様に、シェルの体積/面積の計算時に考慮する必要のある開口のサイズの設定(「計算規則」)を定義できます。

詳細は、「条件パラメータのルール設定」を参照してください。