カーテンウォールスキームの設定

これはカーテンウォールの設定ページです。このコントロールを使用して、カーテンウォールスキームグリッドのパターンを列と行で定義します。また、ここでは任意または全てのフレームとパネルのクラスを設定することもできます。

このセクションでは、スキームの設定ページのコントロールについて説明します。グリッドパターン設定の詳細および設定例については、「スキームの設定でグリッドパターンを設定」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SchemeSettingsDefault.png 

このセクションのトピック

プレビューウィンドウでパターンを表示/編集

プレビューウィンドウでフレームまたはパネルを選択

フレームまたはパネルクラスを設定

パネルサイズを編集

行または列を追加/削除

スキーム幅/高さ

交差フレームを追加

パターンを削除

プレビューウィンドウでパターンを表示/編集

プレビューウィンドウには、フレームとパネルで構成される1単位のカーテンウォールパターンが表示されます。表示されるパターンをプロジェクトに配置すると、カーテンウォール境界内で水平および垂直方向に繰り返されます。

詳細および例については、「スキームの設定でグリッドパターンを設定」を参照してください。

グリッドパターンの正確な始点および繰り返しのロジックは、このスキームの設定ダイアログの[パターン原点]パネルで定義します。

プレビューウィンドウでフレームまたはパネルを選択

プレビューの任意のフレームまたはパネルをクリックします。クリックした項目が強調表示され、タグにその項目のクラス(例:サブパネル)が表示されます。

選択したパネルについて、列と行の位置も左側に強調表示されます。

この例では、選択したパネルはサブクラスです。パネルの配置は列A、行3です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectedPanel.png 

プレビューの項目の複数選択を行うには、Shiftキーを押しながら項目をクリックします(フレームまたはパネルクラスの修正時)。この場合、最初に選択した項目が左側に強調表示されます。
         

左下にあるショートカットの複数選択ボタンを使用すると、選択した項目と同じ列(縦)/同じ行(横)のフレームまたはパネルを全て選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectVerticalPanels.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectFramesVertically.png

ショートカット:パネルおよびフレームを複数選択

フレームまたはパネルクラスを設定

必要に応じて、プレビューの下にあるポップアップを使用して、選択したパネルまたはフレームのクラスを変更します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FrameClassChoose.png 

パネルおよびフレームクラスは、カーテンウォールの設定の該当ページ(フレーム/パネル)で定義します(必要に応じて新しいクラスも定義できます)。

ここから該当ページにアクセスするには、「設定に移動」ボタンをクリックします。

パネルサイズを編集

選択したパネルの厚さと高さの値を入力します。それに応じて、プレビュー画像がどのように変更されるかを確認してください。

行または列を追加/削除

パネルの新しい列/行を作成するか、または選択した列/行を削除するには、プラス/マイナス符号をクリックします。

新しい列/行は現在選択している列/行の複製であり、その列/行の前に挿入されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/InsertPanelColumn.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/InsertPanelColumnDone.png

回転

列を基準としたパネルの行の回転値を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RotatePanelRow.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RotatedPanelsDone.png 

注記:回転角度はプレビューウィンドウには反映されません。

スキーム幅/高さ

この値は、スキームグリッドパターンの幅および高さを示します。配置したカーテンウォールでは、最終的な幅と高さに応じて、このスキームパターンが必要な回数だけ繰り返されます。この繰り返しロジックは[パターン原点]パネルで定義します。

詳細および例については、「スキームの設定でグリッドパターンを設定」を参照してください。

交差フレームを追加

1.スキームプレビューでパネルをクリックします。

2.交差フレームアイコンをクリックして追加します。

制限事項:1つのパターンセルに使用できるのは、1つの対角線フレームのみです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddCrossingFrame.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddCrossingFrameDone.png

パターンを削除

プレビューウィンドウの上隅にある[X]ボタンをクリックすると、全てのフレームおよびパネルが削除されます。したがって、カーテンウォールの境界は空になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ClearPattern.png