断面図でのカーテンウォールの位置決め

断面図ウィンドウでカーテンウォールを基準線から押し出す場合、このワークフローを使用します。

断面図ウィンドウでは、入力面は切断面と一致しています。

1.カーテンウォールツールを起動します。

2.情報ボックスから入力方法を選択します。

3.通常の方法で基準線を描画します。

4.[カーテンウォールを断面図に配置]ダイアログボックスが表示されます。以下のいずれかのオプションを選択します。

断面/立面の面からゼロオフセット:入力面を基準として押し出しの開始点を自由に位置決めします。最初のフィールドは押し出しの絶対長さ、3番目のフィールドは入力面からのオフセットです (この2つの値の合計が、真ん中のフィールドに表示されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlaceCWSection1.png 

断面/立面の面にカーテンウォールの中央揃える:カーテンウォールの押し出しを入力面(断面線)から奥行き方向(断面線のマーカーシンボルの方向)に開始する場合は、2番目の方法を選択して、押し出しの長さを入力します。オフセットはありません(カーテンウォールは、正確に入力面から開始されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlaceCWSection2.png 

位置をクリックした後、以下の値を画面上で定義する:カーテンウォールの押し出しを入力面(断面線)から手前方向(断面線のマーカーシンボルと反対方向)に開始する場合は、4番目の方法を選択して、押し出しの長さを入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlaceCWSection4.png 

押し出しベクトルの中心点を入力面に配置する場合は、3番目のオプションを選択します。下に示す最初のフィールドに、合計の押し出し長さを入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlaceCWSection3.png