曲線壁のドア/窓

(壁のいずれかの終端から所定の距離をおいて)直線壁に窓を配置し、後から壁を湾曲させる場合を考えます(下図を参照)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallKeepDistance.png 

表示される[開口部の位置]ダイアログボックスでは、曲線壁の開口の新しい位置を処理する方法を選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OpeningsPosition.png 

[距離を維持]:最も近くにある壁の終端からの開口の距離が維持されます (開口はその中心点から測定されます)。

注記:壁の辺をクリックして湾曲させると、その辺はストレッチされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallKeepDistance2.png 

[比率を維持]:壁の長さを基準として、開口の配置を一定に保ちます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallKeepPosition.png