上端および下端高さ

ドア/窓の設定または情報ボックスの[プレビューと位置]パネルを使用すると、ドア/窓の高さと幅を設定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DWWidth.png 

窓/ドアの高さを変更するたびに、その変更内容は下端または上端に影響を与えます。開口部の配置方法に応じて、上端および下端高さは、壁下部、壁上部、または指定したフロア高度から測定されます。

[プレビューと位置]パネルでポップアップを使用すると、これらのいずれかを下端/上端値の基準点として選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SillHeaderAnchor.png 

壁下部から下端

壁上部から下端

[フロアから下端(配置フロア)]:下端の高さは、現在のフロア(平面図で最後に開いたフロア)を基準として測定されます。異なるフロアを選択するには、[フロアを選択]オプションをクリックして、ダイアログボックスからフロアを選択します。

壁下部から上端

壁上部から上端

[フロアから上端]:[フロアから下端(配置フロア)]オプションと同じ方法ですが、上端の高さを指定する必要があります。異なるフロアを選択するには、[配置フロアを再リンク]オプションをクリックして、ダイアログボックスからフロアを選択します。

[配置フロアを再リンク]:このオプションを選択すると(表示されるダイアログボックスで一覧からフロア名を選択)、選択したフロアの高さが窓/ドアの高さを測定する固定位置になります。このオプションは、例えば、ガラスカーテンウォールを作成し、全ての個々の窓枠の高さを共通の基準(GL)で測定される高さにしなければならないとき使用できます。