編集可能なホットスポットを使用したグラフィック編集

プログラミングによっては、GDLオブジェクトに特殊編集ホットスポット(選択ドット)が設定されている場合があります。編集可能なGDLホットスポットは、ダイヤモンド型で表示されるので容易にわかります。このようなオブジェクト選択する場合、編集可能なホットスポットをクリックしてストレッチを選択するか、あるいはペットパレット内の頂点を移動アイコンを選択します(いずれかを適宜選択)。編集可能なGDLホットスポットをクリックすると、編集可能なパラメータを表示する座標情報が表示されます。タブをクリックして、GDLパラメータの値を入力します。

編集可能なGDLホットスポットのカラーは、[オプション]→[作業環境]→[選択と要素情報…]で設定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SashAfter.png 

ダイヤモンド型ホットスポットは、グラフィック編集に加えて、窓枠開口の幅の入力などパレットを使用した直接数値編集もできます(適切なペットパレットオプションを選択してください)。下の画像では、ペットパレットからストレッチアイコンが選択された場合に、座標情報が[窓枠開口の幅]パラメータをポップアップ表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Sash2DEdit.png 

ダイヤモンド型ホットスポットおよび関連する編集パレットは3Dウィンドウでも使用できます。下の画像では、ペットパレットから頂点を移動アイコンを選択して、[窓枠開口の幅]パラメータを有効にする必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/3DSashWidth.png 

注記:ダイヤモンド型ホットスポットは、座標情報内で編集可能な特定のパラメータのある編集オプションの場合にのみ表示されます。その他のタイプの機能は、必ずしもこのタイプのホットスポットには関連付けられていません。