例:カーテンウォールのカスタムフレームまたはキャップ断面形状の作成

一例として、カーテンウォールフレームの断面形状のカスタマイズ(カスタムキャップの追加)の手順を示します。次の操作を実行してください。

1.ARCHICAD組み立て要素を使用して、平面図または3Dウィンドウにカスタムカーテンウォールフレームを描画します。

2.描画した要素を選択し、[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[選択内容に名前を付けて保存]→[カーテンウォールフレーム]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SaveCustomCWFrame.png 

3.[カーテンウォールフレームを保存]ダイアログボックスが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SaveCWFrame.png 

4.新規ライブラリ部品の名前を指定し、その保存先のフォルダを選択します:

埋め込みライブラリ(デフォルトの選択。カスタマイズしたプロジェクト固有のオブジェクトは埋め込みライブラリに保存することをお勧めします。)

プロジェクトに追加されたBIMcloudライブラリ

注記:BIMcloudライブラリフォルダに保存するには、このライブラリフォルダを確保する必要があります。

リンクライブラリの参照

[新規フォルダ]をクリックして、選択したライブラリフォルダ内に新規フォルダを作成します。

5.カスタマイズするフレームを持つカーテンウォールを選択します。

6.[選択したカーテンウォールの設定](「マリオン」または「トランザム」のいずれか)で、[モジュールフレーム]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CWModular.png 

7.[カーテンウォールフレームの設定]パネルで、タイプポップアップから[カスタムフレーム]または[カスタムキャップ]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FrameCapType.png 

保存したカスタムライブラリ部品が、下のポップアップに表示されます。

[OK]をクリックして、選択したフレームをカスタム構成要素に置き換えます。