3Dドキュメントを再定義

3Dドキュメントを作成した後で再定義するには、3つの方法があります。以下に、それぞれの方法を説明します。

3Dドキュメントを再定義:ソースウィンドウを開いて編集する

3Dドキュメントを現在の3Dウィンドウ/平面図で再定義

3Dドキュメント設定を使用して再定義

3Dドキュメントを再定義:ソースウィンドウを開いて編集する

3Dドキュメントウィンドウが前面にある場合:コンテキストメニューから[3Dソースを開く](3D投影の場合)または[ソース フロアを開く](見上げ/見下げ設定の場合)を使用して、ソースウィンドウを開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/Open3DSource.png 

または、ナビゲータから3Dドキュメントビューポイントまたはビューを右クリックして、[ソースビューを開く]コマンドをクリックします。

ソースウィンドウで必要な変更を行います。

要素、レイヤー設定、方向、投影を編集します。

[選択/矩形選択]を使って要素の表示を変更します。

ソースが3Dウィンドウの場合、要素フィルタの各設定([表示]→[3Dで表示する要素]→[3Dで要素をフィルタ/切断])を変更して、3D切断面を調整することもできます。

次に、以下のいずれかの操作を実行して、[再定義]コマンドを使用します。

ナビゲータプロジェクト一覧の3Dドキュメントのコンテキストメニュー

3Dウィンドウまたは平面図のコンテキストメニュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RedefineContext3D.png 

[3Dドキュメントを再定義]ダイアログボックスが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RedefineDialog.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RedefineDialogFP.png

現在の3Dウィンドウまたは平面図ウィンドウに基づいて再定義する3Dドキュメントを選択します。

この再定義操作では、取り消しができないことを知らせる警告が表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RedefineWarning.png 

[強制再定義]をクリックして作業を続けます。

3Dドキュメントを現在の3Dウィンドウ/平面図で再定義

このコマンドを使用するには、以下のいずれかの操作を行います。

3Dドキュメントウィンドウのコンテキストメニュー

ナビゲータプロジェクト一覧の3Dドキュメントのコンテキストメニュー

[3Dドキュメント設定]でボックスをオンにして、現在の3Dウィンドウに基づいて3Dドキュメントの投影、切断面、表示要素を再定義します(3D投影に基づいた3Dドキュメントに使用可能)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RedefineBasedonCurrent.png 

3D投影に基づいた3Dドキュメントの場合:

[3Dドキュメントを現在の3Dウィンドウ/平面図で再定義]コマンドは、現在の3Dウィンドウの以下の設定に基づいて、3Dドキュメントを再定義します。

ズームを含む、現在の3D投影

3Dで表示する要素のフィルタ/切断([表示]→[3Dで表示する要素])

選択/矩形選択による制限

切断面

注記:現在のウィンドウは、3Dドキュメントの元のソースと同じである必要はありません。「現在の」ウィンドウというのは、現在開いているウィンドウ、または最後に開いたウィンドウを指します。

見上げ/見下げ設定に基づいた3Dドキュメントの場合:

[3Dドキュメントを現在の3Dウィンドウ/平面図で再定義]コマンドは、現在の平面図の以下の設定に基づいて、3Dドキュメントを再定義します。

選択/矩形選択による制限

向き

ズーム

平面図

3Dドキュメント設定を使用して再定義

3D投影に基づいた3Dドキュメントの場合:

ソース3Dウィンドウを開かずに、既存の3Dドキュメントを再定義する場合、3Dドキュメント設定を使用すると簡単に再定義できます。

[3D投影]パネルのコントロールを使用すると、現在の3Dウィンドウを開かずに、または変更することなく、3Dドキュメントとその3Dウィンドウソースを変更するためのダイアログボックスを開くことができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RedefineSettings.png 

以下のいずれかまたは全ての変更を行います。

[3D投影を再定義]をクリックすると、3Dドキュメントのソース3Dウィンドウの設定を表示する[パース設定]または[平行設定]ダイアログボックスが表示されます。太陽の位置などの必要な調整を行い、[OK]をクリックして投影ダイアログボックスを閉じます。

[フィルタ要素を再定義]をクリックして、[3Dで要素をフィルタ/切断]ダイアログボックスを開きます。必要な調整を行い、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

3Dドキュメントの変更は、[OK]をクリックして3Dドキュメント設定を閉じると有効になります。現在の3Dウィンドウは変更されません。

このコントロールの詳細は、「3Dドキュメントの3D投影パネル」を参照してください。

見上げ/見下げ設定に基づいた3Dドキュメントの場合:

同じ再定義機能を平面図に基づいた3Dドキュメントで利用できます。[見上げ/見下げ設定]パネルの[再定義]チェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/Redefine3DDFloorPlan.png