モデルソースのある詳細図ビューポイントを作成する

モデル内にソースを含む詳細図を作成するには、平面図、断面/立面/展開図、3Dドキュメント、ワークシート、詳細図ウィンドウのいずれかに範囲指定した詳細図マーカーを配置します。

1.図面ツールを起動します。

2.情報ボックスまたは[詳細図のデフォルト設定]で、[新規詳細図ビューポイントを作成]が選択されていることを確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/DetailCreateInfo.png 

3.情報ボックスから面積ベースの図形作成法である[ポリゴン]、[矩形]、または[回転矩形]を選択します (最初の図形作成法[境界なし]は、モデルソースのない個別ビューポイントにリンクされたマーカーを作成します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/DetailCreateArea.png 

4.詳細図の境界を描画し、クリックして完成させます。

5.詳細図境界を描画したら、平面図のかなづちカーソルでクリックして、詳細図マーカーを配置します。Xは、詳細図の原点を表します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/DetailDrawingSample.png 

注記:ソースタイプの詳細図マーカーは、オプションで半透明の塗りつぶしを設定することで画面上で識別できます (この識別用塗りつぶしを全てのソースマーカーで有効または無効にするには、[表示]→[表示オプション]→[ソースマーカーを強調表示]を使用します。この強調表示のカラーは、[オプション]→[作業環境]→[画面オプション]で設定できます)。

6.新しい詳細図ビューポイントが作成され、ナビゲータプロジェクト一覧で一覧表示されます。

ソースタイプの詳細図マーカーに表示される参照情報を定義するには:

ソースマーカーのマーカー参照を定義する」を参照してください。

新しい詳細図ビューポイントに関するその他の情報(マーカーおよび参照情報)は、[詳細図設定]で定義できます。