断面図ビューポイントを作成

注記:作成過程は立面図の場合と同一です。

1.図面ツールを起動します。

2.情報ボックスまたは[断面図のデフォルト設定]で、[新規断面図ビューポイントを作成]が選択されていることを確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionCreateInfo.png 

3.入力方法([単一]または[分節])を情報ボックスから選択し、平面図に断面線を描画します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionInput.png 

[単一]:2回クリックして、線の両端を定義します。

[分節]:必要な回数クリックして、断面線の各線分を定義します。線の入力を終了するには、ダブルクリックします。

目玉の形のカーソルが現れます。

4.目玉カーソルを使用して線のどちらかをクリックし、断面図の向きを設定します。[断面図ツールの設定]で[有限]水平範囲を選択している場合は、クリックした場所によって断面図の限界線も定義されます。

5.断面線を完成すると、新しい断面図のソースマーカーが自動的に配置されます (有限の水平範囲の断面図を配置している場合も、限界線が自動的に配置されます)。

6.新しい断面図ビューポイントが作成され、ナビゲータプロジェクト一覧に一覧表示されます。

背景範囲の限界

別のカラー/エフェクトを持つ断面図ビューポイントのオプション「背景」範囲を作成するには、[断面図設定](モデル表示パネル)の[背景範囲を指定]ボックスをオンにします。背景範囲の限界線が表示され、有効になります。

モデル表示パネル」を参照してください。

関連トピック

断面図ビューポイントを開く

断面図ビューポイントの水平/垂直範囲

平面図での断面/立面/展開線の編集

ソースマーカーのマーカー参照を定義する

断面図ウィンドウのモデル表示