断面図ビューポイントの水平/垂直範囲

水平範囲

水平範囲は、断面ウィンドウに含まれる平面図の奥行きです (ソースタイプの断面図マーカーのみに使用できます)。

水平範囲は情報ボックス/断面図設定で定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionGeometry.png 

[無限]:他の要素で隠れていない場合、断面線の後ろの全要素が断面ウィンドウに表示されます。

[有限]:断面線と制限(奥行き)の間にある要素のみが断面ウィンドウに表示されます (この制限は、断面線の描画が終了した後、目玉カーソルでクリックした時点で定義されます)。必要に応じて限界線を選択して編集できます。

注記:この制限(奥行き)は画面だけに表示されるマーカーで、レイアウトには表示されません。

マーカー範囲線の表示」を参照してください。

[切断面のみ]:切断位置の断面線で切断されたモデルの部分のみを表示します (立面図と展開図には、[切断面のみ]オプションはありません)。

垂直範囲

断面ウィンドウに含まれるプロジェクトの垂直範囲です (ソースタイプの断面図マーカーのみに使用できます)。

垂直範囲は情報ボックス/断面図設定で定義します。

[無限]:モデルの全てのフロアを表示します。

[有限]:断面が制限された垂直範囲のみ表示されます。断面の上限および下限の高度を入力します。入力された限度の上下の要素は表示されません。

黒矢印をクリックし、GLまたは特定のフロアを高さ値の基準として選択します

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/ElevationStandards.png 

範囲または限界線を画面上で編集する

断面/立面/展開図ウィンドウを有効にしている場合:

1.コンテキストメニューから、または[デザイン]→[断面/立面図範囲]を使用して、範囲フィードバックをオンにします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SectionRangeOn.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SERangeCommand.png

2.断面図ウィンドウにマークが濃いグレーのシェードで表示され、水平/垂直の境界と破断線(存在する場合)を示します。グレーの塗りつぶしは、断面図範囲の外側のモデルの領域を示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/RangeMarks.png 

3.いずれかのマークの上にカーソルを置くと、そのタグと編集ハンドルが表示されます。必要に応じて線をドラッグし、水平/垂直範囲、破断線、または背景範囲の限界を修正します(適用可能な場合)。

分割を削除するには、破断線を水平範囲の外側に移動します。

注記: 水平範囲は展開図ウィンドウでは編集できません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/DragHorizontalBoundary.png