平面図ウィンドウ

平面図ウィンドウは、大半の編集操作が行われる基本的な組み立て領域です。ウィンドウには、現在のプロジェクトが、一般的な設計図面のように表示されます。ARCHICADを開始したときに最初に表示されるウィンドウが平面図です。バーチャルビルディングには、フロアごとにそれぞれの平面図があります。

ARCHICADでは、切断面の設定、および要素レベルの表示オプションと投影オプションを使用して、組み立て要素の外観を平面図ウィンドウに自由に3D形式で複製できます。要素レベルの表示オプションと投影オプションを使用すると、別の平面図に配置されている複数フロア要素の各部分を視覚化したり、切断面の上下にある要素の各部分を投影したりできます。

このオプションの機能については、以下のセクションを参照してください。

平面図上の要素の可視性とアクセス性は、以下の内容によって変わります。

複数フロア表示と複数フロア投影の設定など、要素の[ツールの設定]ダイアログボックスで選択したオプション

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/FPandSection.png 

平面図の切断面

レイヤーの設定(不可視レイヤー上の要素は表示されません。また、ロックされたレイヤー上の要素は編集できません)

平面図ウィンドウでモデルに対して行った変更は、3Dウィンドウ、詳細図/ワークシート、断面/立面/展開図、および3Dドキュメントウィンドウで更新されます。その逆も当てはまります。つまり、他のウィンドウで行った変更は、有効になっている平面図に自動的に反映されます。更新は、詳細ウィンドウまたは断面/立面/展開図ウィンドウの選択した更新設定に応じて、手動または自動で行うことができます。

詳細は、「断面図を更新する」および「詳細図ウィンドウの更新」を参照してください。