要素の平面図表示を定義する

複数ある表示の1つに壁、カーテンウォール、梁、柱、屋根、窓、およびドアを表示するには、[平面図表示]ポップアップを使用します。このポップアップは、要素の[ツールの設定]ダイアログボックスの[平面図と断面図]パネルに配置されています。

ドア/窓の表示の詳細については、「ドア/窓の平面図表示」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/FPDisplay.png 

1.[投影線と上部線]:要素の3Dモデルの切断部分を(例えば、平面図の切断面高度での切断として)表示し、さらに要素の上部(すなわち、平面図の切断面の上にある要素部分)とその投影面(下方向)部分を表示します。

注記:[投影線と上部線]は、傾斜した、または複雑な柱と壁、および全ての屋根と梁のデフォルト表示設定です。

2.[投影線]:要素の3Dモデルの切断面部分とその投影面(下方向)部分を表示します。

上記の[投影]オプション([投影線と上部線]または[投影線])のどちらかを選択した場合、[切断面]オプションを使用して、投影範囲をさらに細かく定義できます。

詳細は、「要素の投影線表示の範囲を定義する(切断面)」を参照してください。

3.[切断面のみ]:平面図の切断面を使用した切断として、切断面部分だけを表示します (組み立て要素に使用できますが、窓とドアには使用できません)。

その他にいくつかの抽象的な表示オプションが使用可能です。

4.[シンボル表示]:(傾斜のない単純な壁と、垂直または複雑な柱でのみ使用できます) 傾斜のない単純な壁や(基本的または複雑な)垂直の柱の平面図の投影全体が、要素の垂直位置と関係なく、切断線と切断面塗りつぶしの属性を使用して、切断面として表示されます。このオプションは、表示フロアコントロールが「配置フロアのみ」に設定されている場合にかぎり、基本的な直線の壁や柱または複雑な柱に対してのみ使用できます。平面図の切断面設定は、この要素の表示に影響しません。

5.シンボル

6.[シンボルと上部線]:この表示オプションは、カーテンウォールでのみ使用できます。

7.[輪郭線表示]:投影属性を使用して要素全体の輪郭が表示されます (投影属性は、設定ダイアログボックスの[平面図と断面図]パネルの「輪郭線」コントロールを使用して、要素ごとに設定します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/FPOutlines.png 

8.[上部線表示]:上部属性を使用して要素全体の輪郭が表示されます (上部属性は、設定ダイアログボックスの[平面図と断面図]パネルの「輪郭線」コントロールを使用して、要素ごとに設定します)。