展開図グループの作成

通常、展開図はグループで作成されます(例えば、1つの部屋の周りに4辺のポリラインを配置することにより、4つの展開図が作成されます)。

ポリラインまたは矩形入力法のいずれかを使用して作成した展開図には、辺ごとに別の展開図ビューポイントがあります。各ビューは、辺に対して直角に作成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/IERect.png 

1.矩形またはポリライン入力方法を使用して部屋境界を描画するか、ゾーンに対してSpace+をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/IEPolyLine.png 

作成された長方形/線/ポリラインは、展開図グループの部屋境界を表します。

2.カーソルを目的の視点の位置に移動します。フィードバックの矢印は、生成された展開図ビューポイントの視点方向を示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/IEInput2.png 

3.クリックして展開図マーカーを配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/IEInput3.png 

展開図は専用の展開図マーカーを使用します。これは、パラメータが編集可能なGDLオブジェクトです。

展開図マーカーは、展開図線の各辺、または部屋の中心に配置されます。

マーカーのスタイルおよび位置を定義するには、[展開図設定]の[マーカー]パネルのコントロールを使用します。このパネルの[マーカーなし]オプションを選択して、各ビューポイントまたは全ビューポイントでマーカーを隠すことができます。

展開図の[マーカー]パネル」を参照してください。

4.ビューポイントの新しいグループが作成され、プロジェクト一覧に一覧表示されます。

新しい各展開図ビューポイントは、グループ内にビューポイントが1つしかない場合でも、展開図グループに割り当てられます。

展開図グループは、プロジェクト一覧のサブセットに自動的にリストされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/IEProjectMap.png 

個々の展開図ビューポイントをあるグループから別のグループに移動することはできません。

展開図は、レイアウト上での番号付け、表示、表示フロア、レイヤー、トレース機能、配置のためにグループとして扱われます。

一般的には、[マスタレイアウトの設定]でマスタレイアウトの[自動配列設定]オプションを使用して、レイアウト上の展開図ビューの表示を微調整します。

展開図グループを選択するには、その部屋境界線を選択します。

ただし、どの辺の設定にも個別にアクセスできます。