展開図について

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/IEView.png 

展開図は、断面図および通常の立面図と同じように機能します。すなわち、入力方法を選択してビューとその限界を定義し、カスタム定義マーカーの参照情報を使用してマーカーを配置します。

各展開図はナビゲータプロジェクト一覧内の別のビューポイントです

断面図ツールおよび立面図ツールとは異なり、展開図ツールは、新規ビューポイントを作成するためだけに使用されます。リンクされている参照専用の展開図マーカーは配置できません。

状態、表示、マーカー参照、および更新といった展開図ビューポイントのその他の多くの要素は、断面図ビューポイントでも同じように機能します。

注記:展開図での要素の表示設定は、ARCHICAD 18から変更されました。これより前のバージョンでは、要素はその境界線に応じて表示または非表示になっていました。旧バージョンのロジックを使用するには、[プロジェクト設定]→[レガシー]で[無限の水平範囲の展開図を作成するときには、レガシーオプションを使用]チェックボックスをオンにします (「レガシー設定」を参照)。