一覧表設定を使用した一覧表の内容の定義

一覧表の内容は、[一覧表設定]ダイアログボックスで定義します。

このダイアログボックスを開くには、以下のいずれかの操作を行います。

開いている[一覧表]ウィンドウの[一覧表設定]をクリックします

.//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SchemeSettings.png

ナビゲータの一覧表のコンテキストメニューを使用します。

ナビゲータパレットで一覧表を選択して、ナビゲータの下部にある[設定]ボタンをクリックします

[ドキュメント]→[一覧表]→[一覧表設定]を使用します。

左側のパネルには、プロジェクトの設定が、タイプでグループ化されて一覧表示されます(例:要素設定、構成要素設定)。編集する設定を選択するか、下部のボタンを使用して設定を作成、複製、削除、インポートおよびエクスポートします。

詳細は、「[設定]パネル」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/SchemeBox.png 

右側には選択した一覧表の基準とフィールドが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/FullScheme.png 

[一覧表設定]の[基準]パネルを使用して、一覧表に表示する要素/構成要素/表面を定義します。

[基準]パネル」を参照してください。

[一覧表設定]の[フィールド]パネルで、選択した基準で一覧表に表示するパラメータを選択します。

設定の[フィールド]パネル」を参照してください。