リノベーションステータスごとの開口部:上書きの例

上書きを使用した窓付き壁のデフォルト表示の例を以下に示します。

新設壁 赤色(新設窓/解体ではない窓も赤色になります)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/NewRedWall.png 

解体壁 黄色(解体する窓も黄色になります)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/YellowWall.png 

右から左に移動した窓

リノベーション機能を使用して修正した要素を表現する場合、例えば、窓を移動する場合などは、その窓を元の位置と新しい位置で2回モデリングする必要があります。

元の窓を選択し、そのリノベーションステータスを解体に設定します。窓枠は黄色ですが(解体されます)、その真下の壁は赤色です(再構築されます)。

新しい位置の窓を選択し、そのリノベーションステータスを新設に設定します。窓枠は赤色ですが(新設として構築されます)、その真下の壁は黄色です(解体されて窓のスペースになります)。

ARCHICADでは、重複部分(窓の元の位置)が自動的に白で表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/050-viewsvb/MoveWindow.png 

右側:黄色の窓枠は解体されます。赤色の部分(以前の窓開口部)は新設壁になります。

左側:壁の黄色の部分を解体して開口部用に確保する必要があります。赤色の枠は新設枠です。

中央:白の部分は移動前の開口部の一部であり、移動後も開口部の一部が残ります。