通り芯の表示

レイヤーが表示されている場合、通り芯は以下に表示されます。

平面図のいずれかのフロア、または全てのフロア。通り芯の設定の[平面図]パネルのフロア表示ポップアップを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/GridShowStory.png 

断面/立面図ウィンドウ(断面図または立面図の設定で許可されている場合)。断面図/立面図の設定の[通り芯ツール]パネルの[通り芯表示]チェックボックスを使用します。

この断面図での通り芯の表示では、2つのフィルタ基準が利用できます。通り芯のフロアと通り芯の名前で、両方、またはどちらか一方を使って、フィルタできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/GridSection.png 

通り芯が3Dウィンドウおよび3Dドキュメントで表示されるよう設定するには、通り芯ツールの設定の[3D表示]パネルにある[3D表示]チェックボックスを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Grid3DView.png 

詳細図およびワークシートウィンドウには通り芯は表示されず、分解ビューだけが表示されます。

デフォルトでは、通り芯は3Dウィンドウで線として表示され、レンダリングでは表示されません。ただし、通り芯がレンダリングで断面と材質のある通り芯として表示されるように、3Dのモデル要素として設定できます。これを行うには、通り芯の設定の[3D表示]パネルのオプションを調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/Grid3DSolid.png