曲線通り芯の作成

要素を設定、またはお気に入りを選択した後で、通り芯ツールを選択します。情報ボックスから、2つの[曲線]図形作成法から選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0003_curved.png 

最初のオプションは、曲線通り芯を円弧の中心と半径によって定義します。最初のクリックで中心を定義します。

2回目のクリックで半径を定義するまで、円形通り芯の参照輪郭がカーソルの動きを追従します。その後、部分的に参照円弧のみが表示され、3回目のクリックで円弧通り芯の円周の長さを定義します。3点全てが定義されると、参照輪郭は完全に表示された通り芯に置き換わります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0004_curved_0.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0004_curved_1.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0004_curved_3.png 

2番目のオプションは、円弧の円周上の3点によって曲線通り芯を定義します。最初の2つの点は、他の要素、通り芯の交差部、または特殊スナップ点を接続するように配置します。その後、3回目のクリックで3番目の点を定義するまで、参照円がカーソルの動きを追従します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0005_curvedb_0.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0005_curvedb_1.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0005_curvedb_2.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/070-documentation/0005_curvedb_3.png

円弧の長さを定義するには、4回目のクリックが必要です。参照円弧が、完全に表示された通り芯に置き換わります。